≪厳選≫ねこごはんWEB
メインイメージ

キャットフードと人間の食事の違いについて

猫と暮らしている人は、猫をペットというよりは、家族の一員だと思っている人も多いでしょう。
しかし、家族の一員であっても、猫と人間は種族が違うので身体の作りが違います。
ですので、身体に必要な栄養やバランスも違います。
人間が、自分の食事を分け与えて一緒に食べたいと思っても、猫にとってその食事が毒になることもあります。
猫と人間の食事にはどのような違いがあるのでしょうか?

猫は肉食、人間は雑食

人間は雑食ですが、猫は肉食です。
ですので、猫はたんぱく質を人間の4~5倍も必要とし、人間ほど炭水化物を必要としません。
また、猫は穀物を必要としていないので、穀物の消化が苦手です。

猫と人間では、生命を維持するのに必要な成分や、体内で合成できる成分とできない成分が違います。
例えば、猫に欠かすとができない大切な成分のひとつのタウリンは、人間は体内で合成できますが、猫は合成することができません。
ですので、猫は、タウリンを食事から摂取する必要があり、タウリンが不足すると腎不全や心臓病にかかり、命を落としてしまいます。
このように、猫が人間と同じような食事をすると、栄養失調や体調不良を引き起こし、最悪の場合 死に至ることもあります。

人間の食べ物で猫が食べてはいけないものがある

人間が食べるもので猫は食べてはいけないものがあります。

ネギ類

ネギ科の植物は、猫の赤血球を破壊する、アリルプロピルジスルフィドという成分を含んでいます。
猫が、ネギ類を食べると溶解性貧血を起こす可能性が高いです。

チョコレート

猫は、カカオに含まれているテオブロミンを分解できません。
食べると嘔吐、下痢を起こし、死ぬ場合もあります。

貝類

貝類には、猫の皮膚が腫れたり、かゆみを生じる毒素が含れているので皮膚疾患を起こしやすいです。

ぶどう、レーズン

原因は不明ですが、猫がぶどう、レーズンを食べると、嘔吐、下痢、慢性腎不全を引き起こすことがあります。

アボカド

アボカドには、人間以外の動物には毒となる、ぺルジンという成分が含まれています。
猫が、アボカドを食べると、嘔吐、下痢を起こし、最悪の場合死に至ります。

ミネラルウォーター

軟水のミネラルウォーターは問題ありませんが、硬水のミネラルウォーターは、マグネシウムやカルシウムを多く含むので、尿結石や膀胱結石になる場合があります。

猫は塩分をあまり必要としない

猫は、人間ほど塩分を必要としていない上に、肉球でしか汗をかかないので、摂取した塩分を体外に出すことができません。
ですので、猫が塩分を多く摂ると、腎臓や心臓に負担をかけ、最悪の場合死に至ります。

まとめ

猫は肉食で人間は雑食なので、猫と人間では、必要な栄養やバランスが違います。
また、体内で合成できる成分や、必ず食物から摂る必要がある成分が違います。
猫に与えてはいけない食物を与えると、命に関わる場合もあるので、与えてはいけない食べ物は、しっかり把握して事故が起きないように気を付けましょう。

関連記事

トップに戻る