≪厳選≫ねこごはんWEB
メインイメージ

猫がキャットフードを吐いたときには?

猫は、普段から吐くことが多い動物です。
猫を飼っている人は猫が吐いても驚かない人が多いでしょう。
猫はそれくらいよく吐きますが、一体どんな時に吐いているのでしょうか?
もしかしたら、原因によっては、対処すると吐かなくなることがあるでしょうか?
ここでは、猫が、どんな時に吐くのか、どんな対処法があるのかを紹介します。

まず、吐いた状態をチェックする

猫がキャットフードを吐いたら、まず、吐いた時の状態をチェックします。
嘔吐しても、すぐにケロっとしてご飯を催促したり、元気そうに走ったりしていれば、まずは様子を見ても大丈夫でしょう。
しかし、何回も嘔吐したり、吐いた後ぐったりしている、吐こうとしているのに吐けないで苦しそう、吐しゃ物に血や異物が混ざっている、などの症状があれば、すぐに病院へ連れていきましょう。

嘔吐の原因がキャットフードにある場合とその対策

早食いや食べすぎ

猫が、キャットフードを吐く原因で一番多いと言ってもいいのが、キャットフードの早食いや食べすぎです。
猫は、空腹すぎてがっついたり、食べすぎるとキャットフードを喉に詰まらせたリ、キャットフードが胃の中で膨れて苦しくなって吐いたりします。

この場合は、キャットフードを与える量を減らして回数を増やしたり、早食い防止用の、凹凸や仕切りがある食器に変えるといいでしょう。

粒の大きさや形が合っていない

猫は、キャットフードの粒が大きすぎたり、喉にひっかかりやすい形をしていると、喉に詰まらせて吐くことがあります。
この場合は、キャットフードを砕いて与えるか、違う粒の形のキャットフードに変えます。
キャットフードをお湯でふやかして与えてもいいでしょう。

高齢猫になった

猫は、高齢になると代謝機能が下がり、特に脂質を受け入れにくくなります。
ですので、子猫や成猫用の脂質の多いキャットフードを与えていると吐くことがあります。
この場合は、キャットフードをライフステージに合った、高齢猫用のキャットフードに変えましょう。

飲み込んだ毛を吐いた

猫は、飲み込んだ毛をキャットフードと一緒に吐くことがあります。
飲み込んだ毛は、便と一緒に排出するか、吐き出さないと胃の中で毛玉になり、毛球症になる場合があります。
なるべく、猫が毛を飲み込まないようにブラッシングを心がけましょう。
この場合は、キャットフードを食物繊維の多いものに変えたり、毛玉用のキャットフードに変えるといいでしょう。

キャットフードに人工添加物や粗悪な肉が入っている

キャットフードに、香料、着色料、保存料などの人工添加物が入っていたり、ミールや副産物に粗悪な肉や、骨、嘴(くちばし)、羽などが入っている場合、猫の身体はこれらのものを有害だと判断して吐き出すことがあります。
また、これらのものは消化が悪いので、胃腸が弱り、吐きやすくなる場合もあります。
キャットフードを、人工添加物やミール、副産物が入っていないものに変えましょう。

まとめ

猫はよく吐く習性がありますが、実は、キャットフードに原因があって吐いていることが多いです。
健康な猫が吐く場合は、よくあることだと思わずに、もしかしたら改善できるかもしれない、と思って対処しましょう。
適切な対処をすると、猫が吐くことを減らしたり、無くしたりできます。

関連記事

トップに戻る