≪厳選≫ねこごはんWEB
メインイメージ

猫の下痢が治らないときのキャットフードの与え方

猫の下痢、と一口に言ってもちょっと軟らかい程度から、水のような下痢まで色々あります。
猫は身体が小さいので、下痢をすると、あっと言う間に体力が奪われる場合があります。
しかし、どのような場合は様子を見たらいいのか?すぐに病院へ行ったほうがいいのか?と判断に 迷う場合もあるでしょう。
ここでは、猫の下痢が治らない時のキャットフードの与え方や、下痢の原因とその対策について紹介します。

まず、病院へ連れていくか、様子を見るかを判断する

元気で食欲もあり、徐々に便が固くなっている場合

一日は、様子を見てもよいでしょう。
どんどん回復しているようなら、そのまま自宅でできる治療をします。
一日たっても回復の兆しがなかったら病院へ連れて行きましょう。

ぐったりしていてご飯を食べない、粘液のついた下痢や血便をしている場合

すぐに病院へ連れて行って医師の診断、治療を受けてください。

下痢をした時に与えるキャットフードとは?

消化吸収のよい、品質のいいキャットフードを与えましょう。


下痢をしているときは、消化器官が弱っているので、消化吸収がよく、高たんぱくのキャットフードを与えましょう。

穀物不使用のキャットフードを与えましょう

穀物は消化に悪いので、穀物が使われていないキャットフードを与えましょう。

サイリウムが含まれているキャットフードを与えましょう

可溶性食物繊維のサイリウムは整腸作用があります。
サイリウムのサプリメントも効果があります。
サプリメントは、できれば獣医と相談の上で与えることをお勧めします。

子猫や高齢猫は高栄養食を与えましょう

子猫や高齢猫は体力があまりないので、少ない量でも高い栄養が摂れる高栄養食を与えましょう。

下痢をしている時のキャットフードの与え方

下痢の時は脱水しないように、水分をたくさん与えましょう。

猫が好むのなら、ペット用の電解質ドリンクを与えるとなお良いでしょう。
一度に食べると消化器官に負担を与えるので、一回に与える量を減らし、回数をふやして与えます。
ドライキャットフードは、お湯でふやかして与えるといいでしょう。
また、冷たい水を与えることは避け、ぬるま湯を少量ずつ回数を増やして与えます。

下痢の原因と対処法

キャットフードが猫に合っていない

キャットフードの中には、肉や魚よりも穀物が多く含まれているものもあります。
猫は、穀物を消化することが苦手で、多量に摂取すると下痢やアレルギーを引き起こす場合があります。
キャットフードに穀物が多く含まれていたら、キャットフードを変えましょう。
また、今まで食べていて異常がなかったメーカーでも、原産国が変わったり、原材料が違っていることもあります。
下痢のはっきりとした理由が判明しない場合は、まずキャットフードを変えて様子を見ましょう。

食べすぎ

個体差がありますが、猫によっては食べたいだけ食べてしまう猫もいます。
猫に与えるキャットフードは、一日に与える量を決め、決まった時間に決まった量を与えましょう。
猫が空腹を訴える場合は、与える量ではなく、回数を増やして様子を見ましょう。

ストレス

猫はストレスを感じると、軟便になったり、下痢をする場合があります。
例えば、トイレが汚い、引っ越しをした、新しい猫が来た、などの場合にストレスを感じることがあります。
避けることができるストレスは避け、無理な時はゆったりとした避難場所を用意してあげましょう。
その状態に猫が慣れてきてストレスを感じなくなると、下痢や軟便は治まります。

まとめ

下痢は様子を見ていいケースと、病院へ行かなければならないケースがあります。
迷う場合は、可能ならすぐに病院へ連れて行って医師の診断を仰ぎましょう。
たとえ元気があっても、下痢がなかなか治らない場合は、一度病院で診察を受け、原因を見つけて適切な対処をしましょう。
猫が下痢をしたら、猫の様子をよく観察し、状態に合ったケアを行って一日も早く健康を取り戻しましょう。

関連記事

トップに戻る