≪厳選≫ねこごはんWEB
メインイメージ

猫の口が臭いのはキャットフードの選び方のせい?

猫の口が臭う時は、歯周病、腎臓病、肝臓病にかかっている疑いがあります。
しかし、病気ではないのに猫の口が臭う時は、食べているキャットフードが原因かもしれません。
どんなキャットフードが猫の口臭をきつくしているのでしょうか?
ここでは、「猫の口の臭いのはキャットフードの選び方のせい?」について紹介します。

キャットフードに、猫に合わない原材料が含まれていると、病気でなくても口が臭うことがあります。
猫に合わない原材料とはどんなものでしょうか?

ドライキャットフードの場合

穀物

猫は、肉食なので穀物を必要としません。
そのため、穀物の消化が苦手で、穀物を多量に摂取すると嘔吐、下痢、アレルギーなどの体調不良を引き起こす場合があります。

人工添加物

保存料や着色料、香料などの人工添加物は、消化に悪く胃腸に負担を与えます。
その中でも、香料は、元々の臭いが胃から上がってきて強く臭います。
また、人工添加物を摂取すると、免疫力が下がって口内の炎症を起こす場合もあります。

粗悪な肉

ミートや副産物には、粗悪な肉や骨、嘴(くちばし)、羽などが使われている可能性があり、そのような肉を摂取した場合、下痢や嘔吐、体調不良を引き起こすことがあります。

キャットフードに、穀物や人工添加物、粗悪な肉が入っていると、猫は下痢や嘔吐、体調不良になる場合があります。
その結果、消化器官が弱って消化不良を起こし、胃から臭いが出てきて口臭になります。
キャットフードに、これらのものが含まれていた場合は、キャットフードを変えます。
キャットフードは、質のよいたんぱく質を含み、穀物、人工添加物が入っていないものを選びましょう。

ウェットキャットフードの場合

ウェットキャットフードは、水分含有量が高く柔らかいので、食べカスが歯につきやすいです。
歯についた食べカスは、雑菌が繁殖して歯垢や歯石になり、イヤな臭いの原因になります。

歯垢や歯石を予防するためには、歯磨きなどのオーラルケアを行いましょう。
猫がどうしても歯磨きを嫌がる場合は、キャットフードを食べカスの付きにくいドライキャットフードに変えましょう。

まとめ

猫の口臭の原因はいくつかありますが、病気でない猫の口臭は、ほとんどの場合キャットフードが原因です。
キャットフードを選ぶ時に、穀物、人工添加物、粗悪な肉が入ってないものを選ぶと口臭は少なくなります。
できれば、合わせて歯磨きなどのオーラルケアを行うとなおいいでしょう。

関連記事

トップに戻る