≪厳選≫ねこごはんWEB
メインイメージ

猫の好みに合わせたキャットフードの選び方

猫は、知らない味や匂いは警戒し、一つの味をずっと食べることが多いと言われてます。
しかし、一つの味ではすぐに飽きて次の味を要求したり、好みの味は良く食べるが好みではないとあまり食べなかったりする猫もいます。
そんな猫の好みに合わせたキャットフードの選び方はあるのでしょうか?

猫は、むら食いをする時があるので、病気ではないのに、キャットフードの食いつきが悪い時があります。
また、味に飽きやすいタイプの猫は、飽きてくると、キャットフードをあまり食べなくなったりします。
しかし、猫の要求にすぐに答えていると、猫は「要求すれば新しいキャットフードが出る」と学習してしまい、猫にとっても飼い主さんにとっても食事が大変なものになってしまう場合があります。
猫の要求にすぐに応えるのではなく、猫が要求をしないキャットフードを選びましょう。

猫の好みに合わせたキャットフードの選び方

猫の好みの味を探そう

猫の要求にその都度答えてはいけませんが、猫にも味の好みがあります。
キャットフードには、色々な味のものがあるので、試供品や小袋、おやつなどで試して、自分の猫の好みの味を把握しておくと、病気の時や食欲がない時に重宝します。
猫の好みの味がわかったら、いつも与えるキャットフードのメインの味にするのもいいでしょう。

肉が好きな猫にはなるべく色んな種類のお肉を

我が家の猫は肉がメインのキャットフードが好み、とわかったら、原材料には肉類がメインのキャットフードを選びましょう。
定番はチキン・ターキー・ビーフ・ポークですが、ベニソン(鹿肉)やダック(アヒル肉)、ラム(羊肉)など、肉の種類はたくさんあります。
好みがわかればその肉が使われたキャットフードを与えればよいのですが、同じ種類のタンパク質を与え続けると、アレルギーになりやすいとも言われています。
そのためなるべく色んな種類の肉を与えると、アレルギー対策になります。

そして原材料欄には、上記のような肉の種類がはっきりと書かれているものを選びましょう。
安価なキャットフードによく使われているミートミール・肉副産物は、どんな肉が使われているのかわかりません。
粗悪な肉である可能性があるので、注意してください。

魚が好きな猫にはサーモンがおすすめ

キャットフードに使われる魚の種類は、サーモン、タラ、イワシ、マグロ、カツオ、ニシンなどです。
こちらも猫の好みのものを選ぶのが良いのですが、アレルギーになりにくいと言われているのはサーモンやその他白身魚です。
そして猫は青魚を多く摂りすぎると、「黄色脂肪症」と言われる症状が現れることがあります。
これを防ぐために、キャットフードにはビタミンEがしっかりと添加されているものを選んでください。
そして、青魚がメインのキャットフードはあまり与え続けずに、他の種類のキャットフードとうまくローテーションして与えましょう。

猫の好みに合わせたキャットフードの与え方

ドライキャットフードをメインにしよう

猫に与えるキャットフードは、ドライキャットフードをメインにして、時々ウェットキャットフードをトッピングするといいでしょう。

猫によってはウェットキャットフードがお気に入りで、ドライキャットフードは食べてくれない、という猫もいます。

しかし、健康なうちから主食をウェットキャットフードにしてしまうと、顎の筋肉が衰えたり、歯周病になる可能性が高くなったりします。
老化や病気の場合は別ですが、基本はドライキャットフードをメインに与えましょう。

ウェットキャットフードがお気に入りの猫には、ウェットキャットフードの中に少しずつ砕いたドライキャットフードを混ぜて、1週間ほどかけてその割合を増やしていきましょう。
ウェットキャットフードは、フレークやパテ、シチュー、スープなど色々なタイプがあるので、ドライキャットフードにトッピングしてもいいでしょう。
時間はかかると思いますが、少しずつドライキャットフードに慣れさせましょう。

ローテーションを組んで与えよう

味に飽きやすい猫の場合は、2~3種類のキャットフードを2~3カ月ごとに替えて与えましょう。
もしくは、猫が好みのキャットフードを2~3種類選び、毎日味を替えて与えましょう。

味に飽きないタイプの猫は、ローテーションを組まなくても大丈夫ですが、急に食べなくなる場合もあるので、猫の食いつきがいいキャットフードを数種類把握しておくと、いざという時にあわてないですみます。

多頭飼いの場合は、猫の好みも増えるので、ローテーションを組む与え方が向いています。

まとめ

猫が要求する通りにキャットフードを与えていると、要求がエスカレートして、猫も飼い主も食事で苦労する場合があります。
猫が、要求をあれこれ言わないようなキャットフードの選び方と与え方をしましょう。
品質のよいグレインフリーやヒューマングレードのキャットフードを選ぶと猫が満足する場合が多いです。

関連記事

トップに戻る