≪厳選≫ねこごはんWEB
メインイメージ

猫の病気とキャットフードの関係について

猫の飼い主は、自分の猫の健康を考えてキャットフードを選んで与えています。
しかし、そのキャットフードが病気の原因になることがあります。
ここでは、猫の病気とキャットフードの関係について紹介します。

キャットフードと病気の関係と対策

ドライキャットフードと腎臓病

ドライキャットフードは水分含有量が10%以下なので、水をあまり飲まない猫は、ドライキャットフードだけでは一日に必要な水分を摂取できません。
そのため、尿の濃度が濃くなって腎臓に負担を与え、腎臓病にかかってしまう場合があります。

摂取する水分量が足りない場合は、水分含有量が約75%以上あるウェットキャットフードを混ぜるか、ウェットキャットフードに切り替えましょう。
また、新鮮な水をいつでも飲めるように、こまめに入れ替えたり、容器の数を増やす、温かいお湯を与えてみる、などの工夫をしましょう。

キャットフードと泌尿器の病気

猫は、マグネシウムを多く含むキャットフードを食べると、尿がアルカリ性になり、マグネシウムが結晶化してストルバイト結石ができます。
また、カルシウムを多く含むキャットフードを食べると尿が酸性になり、シュウ酸カルシウム結晶ができます。

キャットフードを、マグネシウムやカルシウムの量が制限された、療法食の泌尿器症候群用の キャットフードに替えましょう。
ストルバイト結石は酸性で溶けるので、尿を酸性にする治療用の泌尿器症候群用の療法食を、獣医師の指導に従って与えます。
シュウ酸カルシウム結晶は、外科的な処置で取り出します。

ライフステージ別キャットフードと肥満・栄養失調

猫は、ライフステージ(成長段階)によって必要な栄養が違います。
子猫用のキャットフードを成猫に与えると、カロリーが高すぎて肥満になります。
反対に、成猫用のキャットフードを子猫に与えると、必要なカロリーや栄養が足りないので、栄養失調になります。
また、子猫に成猫用のキャットフードを与え続けていると、発育が悪くなり、健康を損ね、寿命を縮めることもあります。

猫のライフステージに合ったキャットフードを与えましょう。
ライフステージが変わった時は、忘れずにキャットフードも替えましょう。

穀物の多いキャットフードとアレルギー

猫は肉食なので、穀物を摂取する必要がなく、穀物の消化を苦手としています。
そのため、穀物を多く摂取すると、嘔吐や下痢、アレルギーを引き起こし、消化器官に負担を与えたり、皮膚病になったりします。
穀物が入っていないキャットフードを選びましょう。

ウェットキャットフードと歯石

ウェットキャットフードは水分含有量が多いので、歯につきやすく、歯垢や歯石ができやすいです。
歯垢や歯石を放っておくと、歯周病になり、全身麻酔をかけて歯石を取るか、抜歯以外に処置の方法がなくなります。
歯周病は、加齢と共にかかりやすくなりますが、年を取ってからの全身麻酔は心臓に負担がかかります。
歯周病の猫や歯周病が心配な猫は、ウェットキャットフードを歯垢、歯石がつきにくい、ドライキャットフードに替えましょう。

おわりに

キャットフードは、選び方や与え方を間違うと病気の原因になることがあります。
しかし、自分の猫の状態に合ったキャットフードを与えると、病気の予防や維持に役に立ちます。
自分の猫の状態をよく把握して適切なキャットフードを与えましょう。

関連記事

トップに戻る