≪厳選≫ねこごはんWEB
メインイメージ

キャットフードになぜ穀物が含まれているのか

キャットフードの原材料の欄に、穀物が表示されているのを見たことがある飼い主さんは多いのではないでしょうか?
キャットフードに入っている穀物は、大麦、小麦、とうもろこし、玄米、米などがあります。
肉食の猫に、このような穀物は必要なのでしょうか?
ここでは、キャットフードになぜ穀物が含まれているのかについて説明します。

キャットフードに穀物が含まれている理由

食物繊維を補うため

穀物には食物繊維が多く含まれています。
食物繊維は、余分な脂肪や老廃物、飲み込んだ毛などを体外にスムーズに排出し、腸を刺激して 便の出を良くする働きがあります。
穀物には、食物繊維以外にもたんぱく質、ビタミン、ミネラル、炭水化物が含まれていて、猫に必要な栄養を補います。

コストが低い

穀物はコストが低いので、主原料に肉や魚を使用するより穀物を使用した方が安くキャットフードを作ることができます。
また、キャットフードの量をかさ増しするためにも穀物は使われています。

キャットフードに穀物を使うと猫はどうなるか?

消化不良を起こす

猫は、肉食なので人間に比べると腸が短く、唾液に穀物を消化する酵素が含まれていません。
ですので、猫が穀物を多く摂取すると消化不良を起こし、下痢や軟便になることがあります。

アレルギーを起こす

猫は、穀物の消化を苦手としているので、穀物が長く体内に留まります。
そうすると、麦やとうもろこしに含まれているグルテンがアレルゲン(アレルギーの原因になる物質)になってアレルギーを起こすことがあります。
猫がアレルギーになると、嘔吐、下痢、皮膚炎などによるかゆみ、などの症状がでます。

肥満、糖尿病になりやすい

穀物に含まれている炭水化物には、糖質が含まれています。
糖質を摂りすぎると、肥満や糖尿病になるリスクが高くなったり、脾臓に負担をかけたりします。

まとめ

猫は、穀物を多く摂取すると、消化不良や食物アレルギーを起こしたり、肥満や糖尿病のリスクが高くなったりします。
穀物に含まれている食物繊維は、消化を助け便の出をよくしますが、食物繊維は、穀物からではなくさつまいもやかぼちゃ、ひよこ豆などから安全に摂ることができます。
キャットフードに穀物が使われるメリットは、キャットフードのかさ増しや安価なキャットフードを作るという人間に都合のいいことしかありません。
ですので、キャットフードはできるだけ穀物が使われていないものを与えましょう。

関連記事

トップに戻る