≪厳選≫ねこごはんWEB
メインイメージ

泌尿器症候群用キャットフードについて

泌尿器症候群(FUS)とは、膀胱と尿道に関係する疾患の総称で、膀胱炎、尿道炎、尿道の結石症などを指します。
下部尿路疾患はFLUTDと呼ばれ、キャットフードの表示では、ほぼ同じような病気として表示されています。
泌尿器症候群(以下FUSと表現)は、猫の病気ではポピュラーで、尿道結石症(尿結石)はオス猫がかかりやすく、膀胱炎はメス猫がかかりやすいです。
FUSになった時に、どのようなキャットフードを与えるといいか迷う人も多いでしょう。
ここでは、泌尿器症候群用キャットフードについて紹介します。

泌尿器症候群用キャットフードは、予防や維持だけではなく治療目的のものもあります。
FUSは、重症になると命にかかわるので、獣医師の指導に従って泌尿器症候群用キャットフードを与えましょう。

泌尿器症候群用キャットフードの特徴

マグネシウム、カルシウムが適切な量に制限されている

特に、マグネシウムは多く摂取すると、尿のpHがアルカリ性に傾き、ストルバイト結石を作りやすくなるので、摂りすぎないように制限されています。
マグネシウムの含有量は、100グラム当たり0.09%以下のものが多いです。

ただし、マグネシウムを制限しすぎたり、尿のpHを下げたりしすぎると、逆に尿が酸性に傾いてシュウ酸カルシウムの結晶ができます。
ストルバイト結石は尿が酸性になると溶けますが、シュウ酸カルシウムの結晶は体内では溶けないので、外科的に除去するしか方法がありません。
ですので、マグネシウムの量は適切な量が必要です。
泌尿器症候群用キャットフードは、マグネシウムの量がバランスよく配合されています。

次の成分、原材料が配慮されているものが多い

ミネラル

ミネラルは結石の成分のひとつなので、ミネラルを摂りすぎるとFUSになりやすいです。
ミネラルは、身体に必要な成分ですが、多すぎない配慮が必要です。

メチオニン

メチオニンは尿のpHをアルカリ性から酸性へと戻します。

オメガ3脂肪酸

オメガ3脂肪酸は抗酸化作用が高いので、膀胱炎の炎症をケアする効果が期待されています。

クランベリー

クランベリーは尿を酸性に保つ働きをします。
そのため泌尿器症候群用キャットフードに含まれていることが多いです。

泌尿器症候群用キャットフードの与え方

与える回数を増やす

水分をあまり摂らないと尿の量が減り、尿の濃度が高くなったり、膀胱に尿が溜まる時間が長くなります。
すると、尿結石のリスクが高くなるので、新鮮な水を多く飲ませて尿の量を増やす必要があります。
食事の回数を増やすと、水を飲む回数も増えやすくなります。
FUSになったら食事の量はそのままで、与える回数を増やしましょう。

ウェットキャットフードを混ぜる

ウェットキャットフードは水分を多く含むので、ドライキャットフードを与える場合は、泌尿器症候群用のウェットキャットフードを混ぜるとよりよいでしょう。
どうしても水を飲む量が足りない場合は、泌尿器症候群用のウェットキャットフードに切り替えて様子を見ましょう。

病気の段階によってキャットフードを変える

泌尿器症候群用キャットフードは、ストルバイト結石を溶かす「治療用」とストルバイト結石ができないように予防する「維持食」の2種類があります。
メーカーによっては治療と維持の両方の効果があるキャットフードもあります。
また、細かい症状に対応したキャットフードを製造しているメーカーもあります。
治療用から維持用に切り替える時のスターター食もあるので、獣医師に相談して適切な泌尿器症候群用キャットフードを与えましょう。

以前のキャットフードに戻さない

FUSは一度かかると、その後再発することが非常に多い病気です。
ですので、FUSが治っても以前のキャットフードには戻さないで「維持食」を与えましょう。
ただし、腎臓病や心臓病などの療法食を与えていた場合は、医師の指導に従って適切なキャットフードを与えましょう。

泌尿器症候群用キャットフードの注意点

泌尿器症候群用キャットフードは、水を多く飲ませるために、ナトリウムが多く配合されているものがあります。
ナトリウムを多く摂取すると、心臓や腎臓を悪くする可能性があるので、獣医師の指示に従って定期的に検診を受けましょう。

まとめ

FUSは、猫に多くみられる病気ですが、早期に発見して適切な治療を受ければ重症にならずに治ります。
しかし重症になると尿が出なくなり、尿毒症になって数日で死ぬこともあります。
FUSになるとトイレの回数が増え、尿の色が濃くなり、匂いもきつくなります。
日頃から猫のトイレの状態を小まめにチェックして、異常を感じたらすぐに病院へ連れていきましょう。

関連記事

トップに戻る