≪厳選≫ねこごはんWEB
メインイメージ

毛並みを良くするキャットフードについて

猫の毛並みは、健康のバロメーターと言われています。
実際、健康な猫は艶やかで美しい毛並みを持っています。
では、猫の毛並みは、どういう時に悪くなるのでしょうか?
そして、どのような対応をすれば毛並みが良くなるのでしょうか?
ここでは、毛並みをよくするキャットフードについて紹介します。

猫の毛並みが悪くなる時は、3つの原因があります。

毛並みが悪くなる原因と対策

たんぱく質が不足している

猫は、キャットフードから摂取したたんぱく質の25%~30%を、皮膚や被毛を作るために使います。
たんぱく質は、生命を維持するために必要です。
ですので、たんぱく質が不足すると、まず生命維持のために使われ、被毛まで栄養が行き渡らなくなります。
そのため、皮膚や被毛がパサパサになります。

老化

猫は年を取ってくると、体内の水分量や皮脂が減ります。
また、食事から栄養を摂る力も低下してくるので、被毛まで栄養が行き渡らなくなります。
その結果、白髪が増え、被毛がパサついたり、毛が束になって割れてしまう「毛割れ」が起きたりします。

病気

腎臓病、下痢、皮膚病、胃腸炎、ホルモンバランスの乱れ、などの病気になると、毛並みが悪くなります。

老化と病気はキャットフードでは改善できませんが、たんぱく質の不足はキャットフードを見直すことで改善できます。

毛並みをよくするキャットフードとは?

高たんぱく質のキャットフード

猫の皮膚や被毛は、たんぱく質で作られていて、良質のたんぱく質からできる被毛は艶があります。
たんぱく質を多く被毛に与えるためには、高たんぱくのキャットフードが必要です。
たんぱく質が40%以上含まれているものがいいでしょう。

人工添加物や穀物が少ないキャットフード

穀物や人工添加物は、アレルギーを引き起こす原因になる可能性が高いです。
猫は、アレルギーを起こすと下痢や嘔吐、体調不良を起こし、毛並みが悪くなります。
人工添加物は、体内で毒素となり、便以外に皮膚からも排出されます。
そのため、皮膚の状態が悪くなったり、毛艶が悪くなったりします。
人工添加物や穀物が使われていないキャットフードを選びましょう。

オメガ3脂肪酸、オメガ6脂肪酸を含むキャットフード

EPA、DHAなどのオメガ3脂肪酸は、皮膚の炎症を防ぎ、毛艶を良くする働きがあります。
リノール酸やアラキドン酸などのオメガ6脂肪酸は、健康な皮膚と被毛のために必要です。
オメガ3脂肪酸とオメガ6脂肪酸は、バランスよく摂取しないと効果が得られないので、オメガ3脂肪酸とオメガ6脂肪酸がバランスよく配合されたキャットフードを選びましょう。

ビタミンAを含むキャットフード

ビタミンAは、たんぱく質の吸収を助けます。
また、抗酸化作用もあり、皮膚を健康に保ちます。
ビタミンAは、美しい被毛を作るために大切な成分ですが、与えすぎると骨の異常や内臓の機能低下などを起こします。
適切な量が配慮されたキャットフードを選びましょう。

猫の毛並みを良くするキャットフードは、高たんぱくで栄養バランスのいいキャットフードです。
毛並みを美しくする効果がある、などと表示されたキャットフード、もしくはグレインフリーのプレミアムキャットフードを選びましょう。

おわりに

猫は体調が悪いと毛並みが悪くなります。
品質が良く、栄養バランスの取れた高たんぱくのキャットフードを与えましょう。
高齢の猫は、サプリメントで足りない栄養を補ってもいいでしょう。
また、ブラッシングは、猫の毛並みに艶を出します。
ブラッシングは、毛玉防止も兼ねるので、短毛の猫は週に1~3回、長毛の猫は毎日行いましょう。

関連記事

トップに戻る