≪厳選≫ねこごはんWEB
メインイメージ

野菜入りのキャットフードのメリットとデメリットについて

キャットフードの原材料に野菜が入っているものがあります。
猫は肉食なので、野菜を食べる習慣はありません。
しかし、猫は野生の時代は、ネズミなどの小動物を丸のまま全部食べ、その際に、ネズミの体内に含まれている食物繊維やビタミンを一緒に摂っていました。
では、完全室内飼いの猫の場合は、どうするのでしょうか?
猫に野菜は必要なのでしょうか?
ここでは、野菜入りのキャットフードのメリットとデメリットについて紹介します。

野菜入りキャットフードのメリット

完全室内飼いで、キャットフードしか食べない猫の場合、食物繊維やビタミン類をキャットフードから摂取する必要があります。
完全室内飼いの猫は、運動不足になりやすいので、便秘にもなりやすいです。
キャットフードに入っている野菜は食物繊維を含んでいます。
食物繊維は、腸内環境を整え、便を体外にスムーズに排出する働きがあります。

野菜入りキャットフードのデメリット

成分が破壊されている

キャットフードに入っている野菜は、製造の工程で高熱を与えて処理するので、酵素や抗酸化物質、ビタミンは破壊されてしまいます。

とうもろこしは、アレルギーを起こしやすい

とうもろこしは、アレルゲン(アレルギーを起こす原因)になりやすいので、とうもろこしが多量に入っているキャットフードを猫が食べると、食物アレルギーを引き起こす可能性があります。
さうまいもやかぼちゃ、ひよこ豆を使用するといいですが、これらはとうもろこしに比べると高価です。

人工着色料が使われている場合がある

野菜入り、というアピールでキャットフードに綺麗な色がついている場合は、人工着色料が使われている可能性があります。
猫は赤色を認識しないので、人工着色料は猫には必要ありません。

野菜を与える際の注意点

生野菜は与えてはいけない

わざわざ野菜入りを買わなくても、野菜はあげればいいのでは?と生野菜を切って与えないでください。
猫は腸が短く、穀物や野菜の消化が苦手なので、消化不良や、嘔吐、下痢を起こす場合があります。

野菜は加熱して少量与える

どうしても野菜を与えて食物繊維を摂らせたい場合は、ふかしたサツマイモやカボチャを少量与えましょう。

野菜は、猫に与えてはいけないものがあるので、自己判断で与えるのは止めましょう。
猫に、与えてはいけない野菜を与えると、最悪の場合死に至ることがあります。

まとめ

猫は、野菜を食べる習性はありませんが、完全室内飼いの猫の場合、適量の食物繊維は腸内環境を整えて、便の排出をよくするために必要です。
しかし、とうもろこしはアレルギーを起こしやすいので、とうもろこしが使われているキャットフードは避けましょう。
多少高価ですが、サツマイモやカボチャが使われているキャットフードを選ぶといいでしょう。

関連記事

トップに戻る