≪厳選≫ねこごはんWEB
メインイメージ

キャットフードによって糞の臭いが変わる理由

猫は、とても愛らしい動物ですが、その排泄物は、人や犬と比べるとかなり臭います。
完全室内飼いの猫であれば、ほとんどの場合、トイレは室内にあります。
猫が糞をすると、臭いが充満して大変ですが、猫の体調をチェックするにはよいチャンスでもあります。
キャットフードを変えたら糞の臭いが変わったことはありませんか?
ほとんどの場合、猫の糞の臭いが変わった場合は、理由があります。
ここでは、キャットフードによって糞の臭いが変わる理由や消臭対策について紹介します。

猫の糞はなぜ臭いのか

糞の臭いは、摂取した動物性たんぱく質の量に関係しています。
たんぱく質には、分解されると臭いを発生する成分があり、たんぱく質をたくさん摂取すると臭いの成分も増え、ますます臭うのです。
猫は人間の4~5倍のたんぱく質を摂取するので、人間よりも糞が臭います。
また、たんぱく質を腸内の善玉菌が分解するとほとんど臭いませんが、悪玉菌が分解すると臭います。
腸内環境の状態も糞の臭いに関係しています。

糞の臭いに関係のある原材料

キャットフードを変えて糞の臭いが変わった時は、キャットフードに含まれている原材料の質や量がかわっている可能性が高いです。
どのような原材料が糞の臭いに関係するのでしょうか?

穀物

猫は肉食なので、穀物を必要としていません。
そのため穀物の消化を苦手としています。
穀物が多く含まれているキャットフードを食べると、消化不良を起こしやすく、その結果、腸に便が長くとどまります。
そうなると、悪玉菌やアンモニア、ガスなどが発生して糞が臭くなります。

人口添加物や粗悪な肉

人工添加物は、消化器官に悪く、下痢や便秘を起こす場合があります。
また、ミール、副産物に粗悪な肉や含まれていたり、骨や嘴、羽などが含まれていたりすると消化に悪く、便秘や下痢の原因になる場合があります。

糞の臭いを改善するキャットフード

猫の糞の臭いを改善するキャットフードとはどんなものでしょうか?

主原料に肉や魚が使われている

主原料には、質のよい肉や魚が使われていると消化吸収がよくなり、体内に便が長くとどまりません。

穀物が入っていない

消化の悪い穀物は、できるだけ少ないものか、もしくは入っていないものがいいでしょう。

腸内環境を整える成分が入っている

抗酸化作用に優れ、食物繊維を豊富に含むサツマイモ、カボチャ、ひよこ豆が使われていたり、腸内環境を整えるオリゴ糖や乳酸菌が入っているものがいいでしょう。

人工添加物が入っていないもの

消化に悪く、下痢や嘔吐、体調不良を起こす可能性が高い人工添加物は、入っていないものがいいでしょう。

消臭効果のある成分が配合されている

腸内の消臭効果があるシャンピニオンや、緑茶成分が配合されているものがいいでしょう。

糞の臭いは、原材料に身体によい、胃腸に優しいものが使われているかどうかで変わります。
ですので、猫の糞の臭いを軽くするためには、上記のことが配慮されたキャットフードを選ぶといいでしょう。
また、糞の臭いを抑えることを考慮して、消化率の高いたんぱく質、適切な食物繊維を含むインドア用のキャットフードも販売されています。
ただし、安価なキャットフードには、化学合成した成分を使っているものもあり、長く摂取すると体調を崩す可能性があります。
化学合成した消臭成分が使ってあるキャットフードは避けましょう。

おわりに

猫の糞は、犬や人間に比べると臭いですが、キャットフードの内容を見直したり、消臭対策を行うことで改善できます。
トイレをフルカバーのものにしたり、小まめに掃除するといいでしょう。
猫は、排泄物を自分で埋めて臭わないようにしますが、個体によっては埋めない猫もいます。
猫が排泄したら、すぐに糞を掃除することも消臭対策に効果があります。

関連記事

トップに戻る