≪厳選≫ねこごはんWEB
メインイメージ

ウェットキャットフードのメリットとデメリットについて

キャットフードには色々な種類があり、どのキャットフードにどんなメリットとデメリットがあるのかわからないで困っていませんか?
メリットとデメリットを把握すると、どのような対応をすればいいのかがわかってきます。
そこで、ここではウェットキャットフードのメリットとデメリットを紹介します。

メリット

水分を多く含んでいる

猫は腎臓が悪くなりやすかったり、尿路結石が出来やすかったりするので、十分な量の水分を取る必要があります。
ウェットキャットフードの一番のメリットは、70%~80%の水分が含まれているので、水分を取りやすいことです。
元々猫はあまり水を飲まない体質なので、食事で水分を取ることが出来るのは非常に便利です。
猫は食事と一緒に水分補給ができ、飼い主は猫の水分補給に気を配るストレスが軽減されます。

満腹感を得やすい

ウェットキャットフードは水分を多く含むため、グラム単位のカロリーがドライキャットフードより低いです。
例えば必要なカロリーが200カロリーだとすると、ドライキャットフードは60グラムしか食べれませんが、ウェットキャットフードなら250グラム食べることが出来ます。
食欲が旺盛な猫には、満腹感を得るまで食事が出来ます。

消化に良い

ウェットキャットフードは水分を多く含むので食べやすく、消化も良いです。
体調が悪い時や子猫やシニアの猫には、消化器系への負担が少なくてすみます。

食いつきがいい

ウェットキャットフードは肉や魚本来の匂いや食感が強いので、猫の食いつきがとても良いです。
食欲がない時や病気の時に役に立ちます。

以上がウェットキャットフードのメリットです。
ではデメリットは何でしょうか?

デメリット

コストがかかる

ウェットキャットフードは、一食当たり、ドライキャットフードの約2~3倍コストが掛かります。
これはグラム当たりのカロリーが低いため、必要なカロリーを摂るためにはよりたくさん摂取しないといけないからです。

グラム当たりの栄養価が低い

ウェットキャットフードは水分が多く含まれているのでグラム当たりの栄養価はドライキャットフードよりも低いです。
これは肥満対策にはメリットですが、反対に食の細い子にはデメリットとなります。
少量しか受け付けない場合は、グラム当たりのカロリーが高いキャットフードが必要だからです。

開封後は保存しにくい

ウェットキャットフードは水分が多いので、開封後は腐敗しやすく日持ちがしません。
一回で食べきれなかった分は冷蔵庫に保管して1日以内に食べきらなければいけません。
ただし、開封しなければ長期保存が可能です。

歯石がたまりやすい

ウェットキャットフードは柔らかいので、歯に付きやすく、歯垢や歯石の原因となりやすいです。
歯垢、歯石は歯周病の原因となりますので、対処法としては歯磨きをすることが必要です。

保存料が多い

ウェットキャットフードは開封すると腐敗が早いので、保存料が多く含まれているものが多いです。
ですが、メーカーによっては無添加のものもありますので、注意して選べば危険な保存料は避けられます。

管理に手間がかかる

缶のウェットキャットフードは、目安としては一日1缶ほど消費します。
一ヵ月に約30個の空き缶が出ます。
多頭飼いならそれ以上です。
まとめ買いをする時には重いのでドライキャットフードに比べると購入、運搬が大変です。
インターネットで購入すると、玄関まで配達してくれるので便利です。

まとめ

ウェットキャットフードはドライキャットフードに比べると、高価で管理の手間もかかります。
しかし、嗜好性の高さや消化の良さで、体が弱っている時などに、猫の負担を減らすことが出来ます。
自分の猫の状態に合わせて上手に使い分けるといいでしょう。

関連記事

トップに戻る