≪厳選≫ねこごはんWEB
メインイメージ

「ウェットキャットフードの種類総合栄養食」

キャットフードの種類には大きく「総合栄養食」と「一般食」と「栄養補完食」があります。
猫に主食として与えるものは、水とそれ一つで全ての栄養が摂れる「総合栄養食」がよい、とされています。
では「総合栄養食とは、どんなものか?」と、聞かれるとはっきり答えられない人も多いのではないでしょうか?
ここではキャットフードの「総合栄養食」について紹介したいと思います。

「総合栄養食」とはどんなものを指すのでしょうか?

総合栄養食のガイドライン

総合栄養食の栄養基準のガイドラインは、「米国飼料検査官協会」(The Association ofAmerican Feed Control Officialsの頭文字で通称AAFCO/アフコ)や「NRC(米国科学アカデミーの学術会議)」(National Research councilの頭文字)で提示されています。
AAFCOは、アメリカのペットフード協会により設立された組織で、NRCはアメリカの私立の非営利的組織です。
日本ではAAFCOの基準を採用しています。
間違えてはいけないのは、これらの組織では基準を提示はしていますが、認定や承認はしていない、ということです。
ですから、表示も「AAFCOの給与基準をクリア」などと書かれています。

総合栄養食の認定基準

日本ペットフード協会によると、総合栄養食と表示をするためには、各事業者は、「ペットフード公正取引協議会の定める試験を行わなければならない」とあります。
この試験には「分析試験」と「給与試験」があります。
「分析試験」とは製品を分析して、その結果を栄養基準と比較し、基準をクリアしていることを証明する試験のことです。
「給与試験」とは実際に給与試験を行い、その製品が総合栄養食である、と証明する試験のことです。
また、分析試験は、農林水産消費安全技術センター(FAMIC)によって、愛玩動物飼料等の検査方法が決められています。

この二つの試験のうちどちらかを証明する、と記載されているものが、総合栄養食です。
はっきりパッケージに記載することが義務づけられています。

総合栄養食の栄養基準は、ドライキャットフードとウェットキャットフードで、差はほぼありません。
タウリンのみがドライよりウェットのほうが0.1%多く含まれます。

まとめ

総合栄養食の定義に、ドライキャットフードとウェットキャットフードの違いはほぼありません。
どちらにも共通して、提示された基準をクリアし、定められた試験を行い、証明が出来た製品が 総合栄養食と表示することが出来ます。
キャットフードを購入する際には、認定されている製品かどうか、チェックしておきましょう。

関連記事

トップに戻る