≪厳選≫ねこごはんWEB
メインイメージ

「ウェットキャットフードの特徴について」

昔は、ウェットキャットフードと言えば、いわゆる「猫缶」を指していましたが、今では他の形も販売されています。
そんな、ウェットキャットフードならではの特徴をここでは紹介します。

水分含有量が多い

ウェットキャットフードは、水分量が約75%もあります。

「総合栄養食」以外のフードがある

ウェットキャットフードには、「一般食」「おやつ食」「副食」と呼ばれる、「総合栄養食」以外の種類の ものがたくさんあるのが特徴です。
「総合栄養食」のように、それ一つで栄養を賄うことは出来ませんが、嗜好性が高かったり、特定の栄養に特化したものがあります。

味の種類が多い

ウェットキャットフードは、販売されている味の種類が多いです。
「チキン」「サーモン」などだけではなく、「ささみ」「ほたて」「まぐろ」「鯛」「ひらめ」「複数のミックス味」等、各メーカーからたくさんの味が販売されています。

フードの形状が色々ある

ウェットキャットフードは、固くて丸い形状がほとんどのドライキャットフードに比べて色々な形状があるのが特徴です。
原材料の形が多く残っている「フレーク」、柔らかくまとめた「パテ」、スープ状の「シチュー」「スープ」等があります。

容器の形状の種類が多い

ウェットキャットフードには、「缶詰」、「レトルト」と容器に種類があります。
缶詰は、ブリキ缶や、アルミ缶などの容器に詰め、空気を抜き、密封した後熱を加えて殺菌したものです。
レトルトは、レトルト(加圧加熱殺菌装置)で殺菌出来る、「パウチ」と呼ばれる袋状のものや「形成容器」に詰められたものです。

長期保存が出来る

缶詰もレトルトも、開封しなければ長期保存が出来ます。
特に缶詰は、全てのキャットフードの中で、一番長く保存出来るのが特徴です。

カロリーが低い

ウェットキャットフードは平均して100gあたり50~80キロカロリーと、低いのが特徴です。
メーカーにもよりますがドライキャットフードは100gで約300~400キロカロリーあるものが多いです。

殺菌処理されている

ウエットキャットフードは、製造時に「殺菌処理」されているのが特徴です。
缶等に密封した後に、加熱殺菌を行うので、素材そのままに近い形や食感が多く残っています。
また、加熱した直後に水で冷やすので、開ける時まで新鮮な状態が保たれています。
そのため、猫がドライキャットフードより好む傾向にあります。

まとめ

ウェットキャットフードは、容器、味、形等にたくさんの種類があります。
それぞれに特徴があるので、用途によって使い分けることによって、猫の食生活を豊かにし、ひいては健康をサポートしてくれます。
上手に活用するといいでしょう。

関連記事

トップに戻る