≪厳選≫ねこごはんWEB
メインイメージ

キャットフードに含まれている4Dミートとは?

みなさんは、「4Dミート」という言葉をご存じでしょうか?
4Dミートは、キャットフードのパッケージや製品紹介のホームページには表示されない言葉なので、聞いたことがない飼い主さんも多いのではないでしょうか?
ここでは、キャットフードに含まれている4Dミートについて説明します。

4Dミートとは?

4Dミートとは、9つあるアメリカの肉の基準で、その中の最低ランクの肉のことです。
Dead (死骸)、Diseased(病気)、Diseased(病気)、Disabled(障害のある)の頭文字を取って4Dミートと呼ばれています。
このランク分けで、7以下のランクの肉は、人間は食べることができません。

4Dミートには、路上で轢死した動物や、病気で抗生物質を多量に摂取していた動物の肉、ウィルス性の病気にかかっていた肉、などが含まれている可能性があります。

4Dミートは、パッケージに4Dミートとは記載されません。
「〇〇ミール」や「〇副産物」に使われることがあります。
つまり、キャットフードの原材料に、ミールや副産物の表示があったら4Dミートが使われている可能性があります。

なぜ4Dミートは使用されるのか

最低ランクの4Dミートは、処分するのにもお金がかかります。
そこで、肉を扱う業者は、4Dミートをペットフードの業者に安く売ります。
ペットフードの業者は、安く買った4Dミートを使って安いペットフードを作ることができます。

日本のペットフード安全法では、4Dミートの使用を規制することはできません。
しかも、4Dミートを使った、という表示をする義務もありません。
ヨーロッパやアメリカなどのペット先進国では、ペットフードに対する安全基準が厳しいので4Dミートは使うことができない国が多いです。

猫が4Ⅾミートを食べるとどうなるのか

4Dミートを使ったキャットフードは、素材に含まれる栄養素が悪かったり、悪臭をごまかすために添加物が使われたりしている場合があります。
ですので、猫が4Dミートを使用したキャットフードを食べると、痩せる、毛並みが悪くなる、口臭、便臭がひどくなる、アレルギーを引き起す、肝臓病になるなどの症状がでます。
また、新鮮な肉と比べると栄養価も劣ります。
4Dミートが多く使われているキャットフードを長く与えることで、次第に猫が痩せてきたり、免疫力が低下したりする可能性も考えられます。

キャットフードに4Dミートが入っているかどうかの見分け方

ミール、副産物が入っているキャットフードは避ける

ミールや副産物は、くず肉や骨、嘴(くちばし)、羽、内臓を使っているので、4Dミートが使われている可能性があります。
特に、ミートミールは何の肉を使っているのかがわからないので、ミートミールが使用されているキャットフードは避けたほうがいいでしょう。

外国産のプレミアムキャットフードで、「チキンミール」、「サーモンミール」のように、ミールの前に材料の名前が明記されているものは、4Dミートは使われていません。

安価なキャットフードは避ける

4Dミートは、キャットフードを安く作るために使用されています。
ですので、安価なキャットフードで、原材料にミール、副産物の表示があるものは避けましょう。

信頼できるメーカーのものを選ぶ

メーカーによっては、飼い主の不安を解消するために、ミールの詳細を製品のHPで説明しているところもあります。
そのようなメーカーの製品であれば安心して購入できます。

まとめ

4Dミートは、アメリカの肉の基準で最低ランクの肉で、人間が食べることはできません。
猫が、4Dミートが使用されているキャットフードを食べると、体調を崩す場合があります。
4Dミートは、キャットフードを安く作るために使用されるので、国産の安価なキャットフードで、ミール、副産物と表示されているものは避けましょう。

関連記事

トップに戻る