≪厳選≫ねこごはんWEB
メインイメージ

キャットフード内容量について

どのキャットフードを見ても、裏面に「内容量」が書いてあります。
キャットフードを購入する際にほとんどの人は「内容量」に注意します。
では、この内容量とは正確にはどんな量なのでしょうか?

内容量とは?

内容量とは、袋や容器の中の食品の量で、袋や容器の重さは含まれていない量のことです。
キャットフードの内容量はグラム(g)、キログラム(kg)、ミリリットル(ml)、リットル(l)の単位で表示されています。
内容量の許容される誤差は、全国計量行政会議のガイドラインで細かく決められていて、ガイドライン内での誤差は許可されます。
また、キャットフードの種類の一つの間食では、個、またはコ、ケ、本などの単位で記載することが出来ます。

キャットフードの内容量はどのくらい?

ウェットキャットフードの内容量は、1個あたり40~160グラムが多く、ドライキャットフードは1~5キロが多いです。
レトルト、パウチは40~70グラムが多いです。
この内容量は国産のキャットフードでも、海外産のキャットフードでもあまり変わりはありません。
人間が一日に食べる量は、国によっては違うこともありますが、猫が一日に食べる量は日本でも外国でもあまり変わりがないからです。

ウエットキャットフードは缶詰も多いですが、袋などに比べて缶は重たいので、内容量よりも重たいことが多いです。
ドライキャットフードは、5キロ以上の内容量が多い大袋がありますが、ウェットキャットフードには大容量のものはありません。
400グラムくらいが最大量です。
その代わりに5個入りパック等のパック詰めやケース販売が多いです。
また、ウェットキャットフードは、保存があまり効かないので、一回食べきり用の内容量が少ないタイプを使用するのも選択肢のひとつです。
ただし、内容量が小さい程、割高になります。

内容量がグラムなどではなく、個、ケ、本などの場合は、正しい量がわかりにくいので、うっかり与えすぎないように、与えている量を計量して把握しておきましょう。

まとめ

キャットフードを購入する時、誰しも内容量を気にします。

しかし、一度購入すると、定期的に同じものばかりを購入しがちです。
本当に自分の猫に合った内容量のものを購入しているかどうか、今一度考えてみてはいかがでしょうか?

関連記事

トップに戻る