≪厳選≫ねこごはんWEB
メインイメージ

ドライキャットフードと飲用水について

皆さんは普段、自分の猫に与えている「水」について詳しく考えたことがありますか?
一口に「水」と言っても現在では様々な水があります。
猫にとって適切な水とはどんな水でしょうか?
ここでは、その特徴と効果はどんなものなのかを紹介します。

水道水

一番身近で、また確保もしやすいのが水道水です。
猫の飲用水として、水道水はお薦めです。

ほとんどの猫は、普段は容器に汲み置かれた水を飲みます。
マメに取り換えることが推奨されますが、一定時間は汲み置かれた状態になることは避けられません。
水道水には塩素が含まれていますので、その際の雑菌の繁殖を抑えることができます。
また尿結石に注意が必要な猫にとって、マグネシウムの過剰摂取は危険です。
その点、水道水はほとんどの県では、硬度が100mg/l以下に抑えられているので安心です。

ただし、沖縄県など地域によっては硬度が高い地域もあります。
その地域に住んでいるのなら水道水は避けましょう。
水道局のホームページで確認出来ます。
また、マンション等でタンクに水道水が貯水されている場合は、タンク内で状態が悪くなっている場合もありますので注意しましょう。

浄水器を通した水は、与えることは出来ますが 塩素を大きく除去しているので(程度は浄水器によります)、雑菌の繁殖を抑える効果は、水道水より劣ります。

ミネラルウォーター

ミネラルウォーターは大きく「軟水」と「硬水」に分かれます。
軟水は、浄水器と同じで、マメに取り換える必要がありますが、猫に与えても支障はありません。
注意するのは硬水で、硬水はマグネシウムやカルシウムを多く含みます。
猫はマグネシウムやカルシウムを多く摂取すると、尿路結石や膀胱結石になりやすくなるので、硬水のミネラルウォーターは避けましょう。

ペット用飲用水

最近ではペット用の飲用水もあります。
超軟水で、pHがペットの体液に近い中性のもの、またたび入りのもの、マグネシウムやカルシウムが入っていない水素水、などがあります。
マグネシウムやカルシウムが含まれていないものは、腎臓病の猫にはよいでしょう。
しかし、価格が他の水に比べると高めです。

まとめ

一口に「水」と言っても様々なものがありますが、猫に与えるという目的であれば、手に入れやすさ、価格、効果等を考えると水道水をお薦めします。
ただし、猫が塩素の匂いを嫌ってあまり飲まないケースもあります。
その場合は一度煮沸してカルキ臭を取り除くか、浄水器の水や軟水、ペット用飲用水を与えましょう。
どの水を与える時も、こまめに水を替え、なるべく新鮮な状態で与えることを心がけましょう。

関連記事

トップに戻る