≪厳選≫ねこごはんWEB
メインイメージ

キャットフードに含まれている栄養素ビタミン

キャットフードの原材料の欄を見ると、多くのビタミンが表示されているのがわかります。
野生の猫は、ねずみなどの小動物を丸のまま食べることで、その動物に含まれているビタミンやミネラルを摂っていました。
しかし、完全室内飼いが多くなってきた現代では、猫はキャットフードでしか食事を摂らない場合がほとんどになりました。
ですから、ビタミンは、キャットフードで与えてあげる必要があります。
ここでは、キャットフードにはどのようなビタミンが含まれているかを紹介します。

ビタミンとは?

ビタミンは、必要量は微量ですが、身体の体調管理を助け、健康な生活を送るために欠かせない成分です。

ビタミンには、水に溶けやすい水溶性ビタミンと脂に溶けやすい脂溶性ビタミンがあります。

猫に必要な水溶性ビタミン

水溶性ビタミンは、体内に蓄積しないので、過剰に摂取した時の危険は脂溶性ビタミンに比べると低いです。

ビタミンC

ビタミンCは、免疫力を高め、エネルギー作りに欠かせないアミノ酸のカルニチンを合成します。
また、鉄分の吸収を助け、抗酸化作用もあります。
不足すると、足の痙攣(けいれん)、体重の減少などがおこります。

ビタミンB1(チアミン)

ビタミンB1は、炭水化物の分解に必要なビタミンで、不足すると吐き気、食欲低下、心臓の肥大などがおこります。
過剰に摂取すると血圧低下、不整脈を起こすことがあります。

ビタミンB2 (リボフラビン)

ビタミンB2は、酵素を輸送する働き、新しい皮膚を再生する働きがあります。
不足すると、皮膚の疾患、運動機能の障害、結膜炎、脂肪肝、成長不足が起こることがあります。

ビタミンB3 (ナイアシン)

ビタミンB3は、エネルギーを作り、酵素を補う際の水素への受け渡しをします。
不足すると、食欲が減退したり、成長が遅くなったり、下痢、舌の病気になることがあります。
過剰に摂取すると、ひきつけを起こしたり血便が出たりします。

ビタミンB6(ピリドキシン)

ビタミンB6は、神経伝達物質を作り、タウリン、カルニチン、ナイアシン、ヘムを合成します。
不足すると、低体重、食欲減退、痙攣、尿管が萎縮して排尿が増加する、などが起こることがあります。
過剰に摂取すると、運動障害を起こすことがあります。

脂溶性ビタミン

脂に溶けやすいビタミンで、脂肪組織や肝臓に蓄積されるので、摂りすぎに注意する必要があります。

ビタミンA

ビタミンAは、皮膚や骨の健康に役に立ち、視力(特に暗闇への慣れ)を正常に保ちます。
不足すると、食欲不振、成長不良、毛並みが悪くなる、目の異常を起こすことがあります。
過剰に摂取すると、歯の欠落、関節の異常、成長不良、食欲不振を起こします。

ビタミンD

ビタミンDは、カルシウムやリンを一定の状態に保ち、インシュリンを合成します。
また、骨を作り免疫力を高めます。

不足すると、骨がもろくなり、過剰に摂取すると食欲減退、歩行障害、高カルシウム血症になることがあります。

ビタミンE

ビタミンEは、疲労を回復し、血液をサラサラにし、抗酸化物質として働きます。
また、胸部や腹部の脂肪が酸化して黄色になって炎症を起こす黄色脂肪症(おうしょくしぼうしょう)を予防します。

不足すると、皮膚疾患、免疫力の低下、食欲減退、不妊のリスクが高くなる、などの症状が起きることがあります。
過剰に摂取すると、血液が固まりにくくなります。

ビタミンK

ビタミンK は、出血した血液を固めたり、骨にカルシウムを沈着させる働きがあります。
不足すると、消化管、鼻、皮膚、脳に出血がおこり、長引くと貧血の原因となる場合があります。

猫に必要なビタミンは、他にもDNA(デオキシリボ核酸)と赤血球を合成するビタミンM(葉酸)、副腎皮質ホルモンを合成するパントテン酸、被毛や皮膚の健康や、神経系の正常な機能の維持に役立つビオチン、などがあります。

体内で合成できるビタミンとできないビタミン

ビタミンの中には、猫の体内で合成できるビタミンと合成できないビタミンがあります。
合成できないビタミンは、キャットフードで摂取する必要があります。

合成できるビタミン

ビタミンK、C

合成できないビタミン

ビタミンA・B1・B2・B6・D

おわりに

ビタミンは、必要な量は微量ですが、健康に生きていく上で欠かすことができない成分です。
猫が合成できないビタミンも多く、キャットフードで摂取する必要があります。
総合栄養食には必要なビタミンが、バランスよく含まれています。
メーカーによって配分に特徴があるので、キャットフードのパッケージや製品紹介のホームページなどで確認するといいでしょう。

関連記事

トップに戻る