≪厳選≫ねこごはんWEB
メインイメージ

キャットフードに含まれている栄養素マグネシウムについて

皆さんは、キャットフードのパッケージに、「マグネシウム含有量〇〇%以下」「マグネシウムの量に配慮」、などと表示されているのを見たことがありませんか? 猫は、マグネシウムを摂りすぎると尿結石になることが多いので、マグネシウムの量を制限されたものがいいと、聞いたことがある飼い主さんも多いでしょう。
では、マグネシウムは、一体なんのためにキャットフードに入っているのでしょうか?
ここでは、キャットフードに含まれている栄養素のマグネシウムについて説明します。

マグネシウムとは?

マグネシウムは、必要な量は微量ですが、身体の組成に必要な栄養素で、生命維持に欠かせないミネラルのひとつです。

マグネシウムは、鳥類、哺乳類、魚類の骨に含まれ、ペットフードには骨粉などとして含まれています。

マグネシウムの役割

マグネシウムは、身体に重要な役割を持っています。

・歯や骨を強くし、血管を太く丈夫にします。
・神経伝達物質を生成し、興奮を抑えるなど、分泌を一定に保ちます。
・心臓などの、各臓器の機能を正常に維持するための重要な役割を果たします。
・アミノ酸や脂肪酸をエネルギーに変える、などのエネルギー代謝に関わっています。

マグネシウムを過剰に摂取した場合

猫が、マグネシウムを過剰に摂取すると、尿路結石になる場合があります。

また、腎臓や肝臓が弱い猫の場合は、体内でのマグネシウムの分解、排出が上手くいかず、有害物質になって蓄積されることがあります。

マグネシウムが不足した場合

猫は、マグネシウムが不足すると、低マグネシウム血症になり、うっ血性心不全や不整脈を起こす場合があります。

また、骨粗しょう症、高血圧、心臓、神経系の疾患のリスクが高くなる、筋肉の痙攣(けいれん)、発育不全、食欲不振になる場合があります。

リン、カルシウムとのバランス

尿路結石の原因は、マグネシウムの量だけではなく、リンとカルシウムの量やバランスが関係しています。
リンが多くカルシウムが少ないと、リンが尿に排出されてマグネシウムと結合し、尿結石になります。
カルシウムよりマグネシウムを多く摂取すると、マグネシウムが尿に排出され、リンと結合して尿結石になります。
また、カルシウムやリンが多すぎると、マグネシウムの吸収が悪くなります。
ですので、この3つのミネラルは適切な量をバランス良く摂ることが必要です。
カルシウムとリンのバランスは1対0.8,カルシウムとマグネシウムのバランスは2対1が理想的と言われています。

マグネシウムの適切な量

AAFCO(米国飼料検査官協会)が定めている、キャットフードに含まれるマグネシウムの量の基準は、子猫は、製品当たり0.08%以上、成猫は、0.04%以上です。
一般的には、プレミアムキャットフードや、低マグネシウムと表示されたキャットフードでは、マグネシウムの量は、製品当たり0.09%くらいかそれ以下です。

マグネシウムは、必要な量は微量ですが、身体に欠かせない成分です。
特に、子猫には、適量のマグネシウムが必要で、不足すると成長を妨げ、健康な身体を作ることの妨げになります。

まとめ

マグネシウムは、過剰に摂取すると尿結石になる原因を作りますが、不足しても低マグネシウム血症や高血圧、発育不全、食欲不振などさまざまな症状が起こります。
マグネシウムは、リンやカルシウムとバランス良く摂る必要があり、必要な量は微量ですが猫の身体に欠かせない成分なので、過剰に制限する必要はありません。
尿路結石対策としては、マグネシウムの量の配慮の他にも、水分をたくさん摂って尿の濃度を薄くすることを心がけましょう。
マグネシウムは、適切な量が配合されたキャットフードを選びましょう。

関連記事

トップに戻る