≪厳選≫ねこごはんWEB
メインイメージ

キャットフードに含まれる栄養素炭水化物

キャットフードのパッケージに、そのキャットフードに含まれている成分の分析値を表示する欄(成分表)があります。
成分表を見ると、たんぱく質や脂肪、ビタミンなどが表示されていますが、炭水化物は表示されていません。
実は、炭水化物は、AAFCO(米国飼料検査官協会)のラベル表示のガイドラインの設定で、表示の義務はないとされているのです。
なぜ、炭水化物は表示の義務がないのでしょうか?
ここでは、キャットフードに含まれる栄養素のひとつ、炭水化物について説明します。

炭水化物とは?

炭水化物とは、脂質、たんぱく質と並ぶ3大栄養素のひとつで、糖質と食物繊維に分けることができます。
糖質は、身体のエネルギー源で、食物繊維は、消化管の機能を正常に保つ働きをします。

炭水化物の役割

炭水化物に含まれる食物繊維は、腸内環境を整え、便の出を良くする働きがあります。
また、毛玉ケアの役割もあります。

猫は炭水化物の消化が苦手

猫は、炭水化物の分解に必要で、食べ物の消化を助ける「アミラーゼ」という酵素が少ないので、でんぷんの消化吸収があまりできません。
ですので、猫は炭水化物の消化が苦手で、消化できない場合は嘔吐や下痢、食欲不振を起こす場合があります。

猫に炭水化物は必要か?

猫は、たんぱく質と脂質は生きていくために必要としていますが、炭水化物はそれほど必要としていません。
AAFCO(米国飼料検査官協会)が定めた、キャットフードに必要な栄養素に炭水化物は入っておらず、キャットフードに表示の義務もありません。
そのため、炭水化物の有無や量が表示されていないキャットフードが多いです。
メーカーによっては、製品紹介のホームページで、炭水化物の割合などを表示している場合があります。

キャットフードに多量の炭水化物が入っている場合は、コストを安くするためだけに使用されています。

炭水化物の量の計算の仕方

キャットフードに含まれる炭水化物の量は、パッケージに表示されてなくても、計算で出すことができます。
パッケージには、炭水化物以外の成分のパーセントが表示されているので、全体を100として パッケージに表示されている、たんぱく質、脂質、粗繊維、灰分、水分の割合を引くと、残った数値がキャットフードに含まれている炭水化物の大体の割合です。

100%-たんぱく質%-脂質%-粗繊維%-灰分%-水分%=炭水化物%
キャットフードに含まれる炭水化物の量は、全体の30%くらいまでが好ましいとされています。

まとめ

猫は、炭水化物の消化を苦手としているので、炭水化物をそれほど必要としていません。
猫は、野生ではネズミや小動物を丸のまま食べて、ネズミや小動物に含まれている炭水化物や ミネラル、ビタミンを摂取していました。
しかし、完全室内飼いの猫の場合、キャットフードでしか栄養は摂れないので、適量の炭水化物を摂取することは有効です。
ただし、多量に摂取すると嘔吐や下痢、食物アレルギーを起こす可能性があるので炭水化物の量に注意しましょう。

関連記事

トップに戻る