≪厳選≫ねこごはんWEB
メインイメージ

1回にあげるキャットフードの量について

猫にキャットフードを与える場合、一回にあげるキャットフードの量をきちんと把握していますか?
好きなだけ与えていると、肥満になり猫の健康を害し、寿命を縮める可能性も高くなります。
一回に与えるキャットフードの量は、一日に必要な量を一日に与える回数で割ると計算できます。
しかし、わかっているけれど自分の猫が必要とする量がはっきりわからない、という人も多いのではないでしょうか? ここでは、一回に与えるキャットフードの量の計算の方法を紹介します。

ほとんどのキャットフードのパッケージには、猫の体重に応じた給与量が記載されています。
この量を一日に与える回数で割ると、一回に与えるキャットフードの量が計算できます。
しかし、これはあくまでも目安の量です。
パッケージに記載されている量はおおむね多めなので、その量を与えると肥満になる場合があります。
猫に必要な食事の量は、猫が一日に必要なカロリーから計算できます。

猫が一日に必要とするカロリーは、ライフステージごとに変わるので、ライフステージが変わったら 計算しなおしましょう。

計算の方法

猫が一日に必要なカロリーは、体重×キロカロリーで計算できます。
例えば、成猫が一日に必要なカロリーは体重×80キロカロリーです。
100グラム390カロリーのキャットフードを体重が3キロの成猫に与える場合は、次のように計算します。
100グラム当たりのキャットフードのカロリーはパッケージに記載されています。

一日に必要なカロリー

3(キロ)×80(キロカロリー)=240キロカロリー

1キロカロリー摂取するために必要なキャットフードのグラム数

100(グラム)÷390(キロカロリー)=0、256グラム

一日に必要な量

0.256(グラム)×240(キロカロリー)=61グラム

一回に必要な量

成猫には1日に2回に分けて与えるので61÷2=31,5
〇体重3キロの成猫に一回に与えるキャットフードの量は31.5グラムです。

ライフステージごとに必要なカロリー

猫は、ライフステージごとに必要なカロリーが変わります。
ライフステージが変わったら、必要なカロリーを計算して、計算の方法に当てはめましょう。

子猫の場合

子猫は成長が早いので、月齢によって必要なカロリーが変わります。

〇生後2カ月体重×200キロカロリー
〇3カ月体重×150キロカロリー
〇4カ月体重×130キロカロリー
〇5カ月体重×110~120キロカロリー
〇6カ月体重×100キロカロリー

成猫の場合

〇体重×80キロカロリー

成猫の場合は、運動量の多さや、妊娠、授乳などの状態の違いで必要なカロリーが変わります。

〇運動量が少ない体重×70キロカロリー
〇運動量が多い(活発)体重×85キロカロリー
〇妊娠中体重×100キロカロリー
〇授乳中体重×250キロカロリー

高齢猫の場合

〇体重×60キロカロリー

毎日続けるために

毎日キャットフードを計量するのは大変です。
キャットフードを一回量ってカップに入れ、フェルトペンなどで印をつけると、スケールで量るほど正確ではありませんが、楽に計量ができます。
また、一日分量ったら、ジップロップや食品保存容器に、一回分ずつ小分けにして入れておくといいでしょう。
フード専用の計量カップや、デジタルスケール付きの計量カップやスプーン、などの便利グッズを利用してもいいでしょう。

まとめ

猫が一日に必要な量は、計算で出すことができます。
ライフステージが変わったり、病気になったりするまでは、一回量れば、適した量は当分の間は変わりません。
一度計算して、一日に必要なカロリーや量を把握しておくと、食欲がなくなった時や病気になった時に役に立ちます。

関連記事

トップに戻る