≪厳選≫ねこごはんWEB
メインイメージ

キャットフードの計り方

皆さんは、猫にキャットフードを与えるときには、どうやってキャットフードを計っていますか? キャットフードを目分量で与えると、正確な量が計れないので、肥満の原因になります。
キャットフードは、きちんと計量して与えましょう。
キャットフードを計量するためには、色々な道具があり、自分に合った道具を使えば、毎日の計量が楽にできます。
ここでは、キャットフードの計り方について紹介します。

キャットフードを計る道具

キッチンスケール

料理用の計りで、ばね式とデジタル式があります。
デジタル式は0、1グラムから計ることができます。
デジタル式はボタンを押すだけで、皿の重さを0グラムにできるので楽に計量できます。

ペット用計量カップ

ペット用計量カップは、目盛りがCCやml表示ではなく、グラム表示なので計りやすいです。

デジタル計量カップ

デジタル計量カップは、計量カップの取っ手の部分がデジタルスケールになっているので、キャットフードを入れただけで正確な量を計ることができます。

計量スプーン

洗剤についてくる計量スプーンは、一食分のキャットフードを計るのにちょうどいい大きさです。
一度、量を計って印をつけておくと手軽に計量できます。

デジタル計量スプーン

デジタル計量スプーンは、スプーンの持ち手にデジタルスケールがついているので、キャットフードをすくったらそのまま計量できます。
デジタル計量スプーンは、一食分のキャットフードを計るのに向いています。

アクリルメジャーカップ

アクリルメジャーカップは、透明のカップです。
透明で中が見やすいので、多頭飼いで数匹分計る時に、印が複数ついていても分かりやすいです。

スケール付き食器

スケール付き食器は、食器の底にデジタルスケールが付いています。
キャットフードを皿に入れて計量したら、そのまま出せるので便利です。
また、水も計れるタイプがあり、飲んだ水の量をチェックするのにとても便利です。

キャットフードを計量する道具は色々ありますが、デジタル機能が付いたものは、皿を乗せて計るなどの工程をパスできるので、時間と手間が短縮できます。

正しい量を計る

計量に使う道具が充実しても、与えるキャットフードの正確な量が分からないと計量する意味がありません。
猫が一日に必要なキャットフードの量を計算して、正確な量を計りましょう。

おわりに

キャットフードを計る道具は、色々な種類があります。
正確に計る時は、デジタルスケールが付いたものが便利でしょう。
毎回そんなに手間はかけられない、という人は計量カップやスプーンに自分の猫が一回に必要な量をフェルトペンやテープで印をつけて計るといいでしょう。
毎日のことなので、自分に合った計量の仕方を選びましょう。

関連記事

トップに戻る