≪厳選≫ねこごはんWEB
メインイメージ

キャットフードの原材料ビートパルプについて

原材料の欄に、「ビートパルプ」と書かれているものが表示されているキャットフードがあります。
しかし、ビートパルプとは、どんなものなのかわからない飼い主さんは多いのではないでしょうか? ここでは、キャットフードの原材料のビートパルプについて説明します。

ビートパルプとは?

ビートとは、甜菜(テンサイ)のことで、さとうきびと同様に砂糖の材料となる植物です。
別名を砂糖大根(サトウダイコン)と呼ばれています。
パルプは繊維のことで、ビートパルプとは、甜菜から糖分を抽出した後の搾りかすのことです。

ビートパルプは、水に溶け、消化ができて腸に留まり善玉菌を増やす可溶性繊維と水に溶けにくく腸内の掃除をし、大腸の働きを助けて便の出を良くする不溶性繊維のどちらも含んでいます。

ビートパルプの必要性

ビートパルプに含まれている不溶性繊維は、便を固くするので、便が緩い、下痢をしやすい猫に与えるのに適しています。
ですので、ビートパルプは下痢をする猫の療法食に含まれています。
しかし、猫によっては、逆に便が固くなって便秘になり、さらには痔になってしまう場合もあります。
もともとあまり水を飲まない性質の猫は、便秘をしやすい動物だからです。

なぜビートパルプがキャットフードに使われているか

ビートパルプは、甜菜をしぼって砂糖などを抽出した後に残った搾りかすなのでとても安価です。
ですので、安価なキャットフードは、ビートパルプをたくさん使ってキャットフードのかさ増しをしています。

また、ビートパルプは、便を固くする効果があり、トイレ掃除が楽になった、と消費者に重宝がられるのでキャットフードに使用されている場合があります。

ビートパルプの問題点

ビートパルプには問題点が2つあります。

抽出方法がわからない

ビートパルプの抽出方法には、甜菜に圧力をかけて絞る方法と、硫酸系の薬品を使って作る方法があります。
薬品を使った方が安く、短時間にたくさん摂れるので薬品を使う方法が多く使われていると言われています。
その際に、薬品がビートパルプの表面に残っている可能性がある、と言われていますが、猫の身体に与える影響がどんなものかははっきりしていません。

原材料にビートパルプが使われていた場合、ビートパルプがどの抽出法で絞り出したものかは記載されていないので、消費者にはわかりません。

便の状態がわからなくなる

動物は、便の状態で健康状態を判断できます。
しかし、ビートパルプが多量にキャットフードに入っていると、キャットフードに合わない成分があったり、体調が悪くて便が緩くなったりする場合でも、便が固まって状態のいい便をしてしまいます。
そのため、猫の体調が悪いことがわからない場合があります。

まとめ

薬剤を使用しない抽出法で摂ったビートパルプは悪いものではありません。
また、猫の便を固くする必要がある場合には、ビートパルプは有効な原材料です。
しかし、便秘になりやすい、抽出方法がはっきりしないなどの点を考慮すると、健康な猫に与えるキャットフードには、ビートパルプが入っていないものを選んだ方が安心でしょう。

関連記事

トップに戻る