≪厳選≫ねこごはんWEB
メインイメージ

キャットフードの原材料肉粉、ミートミール、肉副産物、ミート副産物について

キャットフードの原材料を調べると、肉粉、ミートミール、肉副産物、ミート副産物、という単語が表示されていることがあります。
これらの単語には「肉」や「ミート」が含まれているので、なんとなく肉の一種かな?と思っている飼い主さんも多いのではないでしょうか? ここでは、キャットフードの原材料の中で、肉粉、ミートミール、肉副産物、ミート副産物とはどんなものなのかについて説明します。

肉粉、ミートミール、肉副産物、ミート副産物の定義

肉粉とミートミール、肉副産物とミート副産物は、表示の仕方が違うだけで同じものを指しています。
AAFCO(アメリカ飼料検査官協会)の定義ではこれらを次のように定義しています。

ミートミール、肉粉

〇血液、毛、ひづめ、角、くず皮、糞、胃、ルーメン(ただし、含有物を除く)部分を精製したもの(脂肪を除いたもの)。
〇カルシウムの含有量がリンの2.2倍を超えていないもの。
〇ペプシン(胃液に含まれる消化酵素)で消化できない残留物が12%以下で、また精製されたものの中で、ペプシンが消化できない粗たんぱく質が9%以下であること。

*ルーメンとは、牛の第一胃のことです。

ミート副産物、肉副産物

〇ミート部分を除いた、汚染されていない、かつ精製されていない動物の組織のこと。
〇肺、脾臓、腎臓、脳、肝臓、血液、骨、胃腸(含有物は除く)などのこと。
〇毛、角、歯やひづめは含まれない。

ミートミール、ミート副産物とは?

わかりやすく言うと、どちらも動物の肉以外の部分を使っているもので、ミートミールは精製されているもの(ミートミールは粉末状です)、副産物は精製されていない組織のことを指します。
ミートミールには、毛、角、歯やひづめが入っていますが、副産物には、毛や角、歯、ひづめなどは含まれていません。

猫は、野生の時代にはねずみや鳥などの小動物を捕まえて、一匹(一羽)丸々食べていました。
それらには、内臓や骨、嘴(くちばし)なども含まれていました。
ですので、猫が肉以外の部分を適量食べる分には問題はありません。
これらは、栄養価が高く、たんぱく質も豊富に含んでいます。

ミートミール、ミート副産物の問題点

何の動物の肉かわからない

キャットフードの原材料のミートミールやミート副産物は、どのような動物のどの部分が使用されているのかはわかりません。
さらに、国産の安価なキャットフードに使用されているミートミールやミート副産物には、人間が食べることができない粗悪な肉が使われている場合が多いのです。

粗悪な肉とは?

ミートミールやミート副産物には、4Dミートと呼ばれている粗悪な肉が使用されていることがあります。

4Dミートとは、アメリカの食用肉のランクで、最低のランクの肉のことです。
4Dミートは、Dead (死んでいる)、Diseased(病気の)、Dying(死にかけの)、Disabled(障害のある)の動物の肉を指します。
これらは、4つの文字の頭文字を取って4Dミートと呼ばれています。

このランク分けには、9つのランクがあり、7ランク以下の肉は人間が食べることができません。
4Dミートには、路上で轢死した動物や、病気で抗生物質を多量に摂取していた動物の肉、ウィスルに汚染された肉、などが含まれている可能性があります。

4Dミートはなぜ使用されるのか

4Dミートは棄てるのにもお金がかかるので、肉を扱う業者は、4Dミートを棄てるよりペットフードの業者に安く売ったほうが儲かります。
ペットフードの業者は、高い肉を使うより4Dミートを使った方が、ペットフードを安く作ることができます。
そして、安いペットフードはよく売れるので、ますますペットフードの業者は4Dミートを使ってキャットフードを作ります。

猫が4Dミートを食べるとどうなるのか

猫が、4Dミートで作られたミートミールやミート副産物が入ったキャットフードを食べると、毛並みが悪くなる、口臭、便臭がひどくなる、アレルギーを起こす、体調を崩す、肝臓病になる、などの症状が出る場合があります。

粗悪なミール、副産物の見分け方

○○ミールや〇副産物と書かれたものには、粗悪なものとそうでないものがあります。
粗悪なミールや副産物かどうかは、次に挙げるポイントで見分けることができます。

〇〇ミールの〇〇が具体的なものは安全な可能性が高い

○○の部分が、ミートではなくチキン、サーモンなどの原材料をはっきり表示していて、かつ高価なキャットフードは安全な可能性が高いです。
この場合のチキンミールには、鶏肉や皮をそのまま乾燥粉末状にしたものが使われています。

安価なキャットフードに使われているものは避ける

安価なキャットフードに使われているミールや副産物には、キャットフードの値段を安くするために、粗悪な肉が使われている可能性が高いです。
原材料に、ミールや副産物の表示がある安価なキャットフードは避けましょう。

製品のHPで調べる

メーカーによっては、製品のHPでミールや副産物の詳細を明確にしているところもあります。
義務ではないので全ての製品がこれを行っているわけではありませんが、気になった場合は調べてみることをおすすめします。

まとめ

国産の安価なキャットフードで、原材料にミートミールやミート副産物、と表示されているものは、粗悪な肉が使用されている可能性が高いです。
高価なキャットフードや外国産のプレミアムキャットフードで、チキンミール、サーモンミールのようにミールの前に原材料の名前が明記してあるものは安全です。
キャットフードを購入の際には、安価なキャットフードは避け、パッケージやホームページで表示されている内容をよく確認しましょう。

関連記事

トップに戻る