≪厳選≫ねこごはんWEB
メインイメージ

キャットフードの賞味期限は長い方がいいのか?

キャットフードの賞味期限は、種類によって異なりますが、最低でも1年はあるものがほとんどです。
賞味期限が長い方が、飼い主にとってはまとめ買いや買い置きがしやすく、管理が楽です。
なぜキャットフードはこんなに賞味期限が長いのでしょうか?
賞味期限は、飼い主にとっては長い方がいいですが、猫の身体にとって、賞味期限が長いものがいいものなのでしょうか?
ここでは、キャットフードの賞味期限は長い方がいいのか?について紹介します。

賞味期限とは?

賞味期限とは、製品の良し悪しの判断材料ではなく、商品を美味しく食べることが出来る期間の表示です。

キャットフードの賞味期限はどれくらい?

キャットフードの賞味期限は、ドライキャットフードで1~1年半、ウェットキャットフードの缶づめは約3年、レトルトは約2年です。
何故、このように長いのかと言うと、ドライキャットフードは水分含有量が10%と低いため、悪くなりにくく、ウェットキャットフードは、製造時に密封した上で、高圧、高熱殺菌されているので、菌が繁殖しにくいためです。

賞味期限は添加物が多い程長いのか?

ドライキャットフードの賞味期限は、約1年から1年半、とメーカーによって半年程の差があります。
何故、半年の差があるのかを調べてみると、添加物が入っているものは賞味期限が長い、という記事が多くみられますが、立証はされていません。

実際に調べてみると、無添加キャットフードは、賞味期限が2か月のメーカーもありますが、ほとんどのメーカーの賞味期限は1年から1年半です。
安価なキャットフードも賞味期限はほとんどが1年半で、無添加、プレミアム、安価なキャットフードでは、賞味期限の差はほぼありません。

キャットフードには、人工添加物が使われているキャットフードもありますが、人工添加物を使用していないキャットフードのほとんどは、天然の成分の添加物を使用していて、その効果の差は具体的には立証できません。
ですので、添加物の有無や含まれている量が、賞味期限の長さにどう関係しているかは、はっきりと判断することができません。

大切なのは成分表を確認すること

賞味期限の長さで、そのキャットフードがよいものか、悪いものかを判断することは出来ません。
キャットフードが良いものかどうかは、危険な添加物が含まれているか、原材料に粗悪なものが使われていないかをチェックして判断しましょう。
賞味期限の長さは同じであっても、危険な添加物を使っているものより、安全な天然添加物を使用しているキャットフードの方がいいのは確かです。
ただし、あまりにも規格外で賞味期限が長いキャットフードには注意しましょう。

関連記事

トップに戻る