≪厳選≫ねこごはんWEB
メインイメージ

キャットフードの代わりにドッグフードを与えても良いか

キャットフードとドッグフードは、見た目も匂いもよく似ています。
犬と猫を一緒に飼っている場合、うっかり間違えそうになったことがある飼い主は多いのではないでしょうか? キャットフードとドッグフードの成分はどう違うのでしょうか?
ここでは、キャットフードの代わりにドッグフードを与えても良いか、について紹介します。

猫と犬の大きな違い

犬は人間と同じで雑食ですが、猫は肉食ですので、必要とする栄養素がかなり違います。
ですから、キャットフードには配合されていても、ドッグフードには配合されていない成分があります。
その中には、摂取量が足りないと死に至る重要な成分もあります。
猫にとって、どのような成分がドッグフードには足りないのでしょうか?

犬と猫で異なる必要な成分

たんぱく質

猫は、犬の約2倍のたんぱく質を必要とします。
ですので、ドッグフードに配合されているタンパク質の量では、猫に必要な量が足りません。
たんぱく質が不足すると、子猫では発育不良、成猫では筋力の低下、食欲減退、体重の低下 被毛の劣化、生殖行為の減退、母乳の減少などが起こります。

タウリン

犬はタウリンを体内で合成できるので、ドッグフードにタウリンは入っていないか、入っていても少量で、猫に必要な量は入っていません。
猫は、タウリンを体内で合成することはできないので、食事から摂取しなければなりません。
ドッグフードを猫に与えていると、タウリンが不足し、網膜萎縮症を起こして失明したり、拡張性心筋症になる可能性が高くなります。

アミノ酸アルギニン

アルギニンは、アンモニアを尿素に変換して排出するための重要な成分です。
犬もアルギニンを必要としていますが、猫は、タンパク質を多く摂るため体内にアンモニアが溜まりやすく、犬の2倍の量のアルギニンを必要とします。
猫は、アルギニンを摂取しないと命にかかわりますが、自分では作ることができません。
アルギニンが不足すると、高アンモニア血症を起こし、最悪の場合死ぬこともあります。

脂肪酸アラキドン酸

アラキドン酸は、犬や猫にとっては必須脂肪酸ですが、犬は酵素の働きでリノール酸をアラキドン酸に変えることができます。
しかし、猫は酵素をもたないので食事から摂る必要があります。
アラキドンが不足すると、栄養不足になり、皮膚や被毛の状態が悪くなったり、繁殖機能に不調が起きたりします。

ビタミンA

犬は、βカロチンをビタミンAに変える酵素を持っていますが、猫は持っていません。
ビタミンAが不足すると夜盲症、毛艶の悪さ、発育不全を起こします。

ナイアシン(ビタミンB3)

ナイアシンは、脂質、炭水化物、たんぱく質の代謝に不可欠なビタミンです。
猫はナイアシンを犬の4倍必要とします。
犬はトリプトファンからナイアシンを合成できますが、猫は合成能力が非常に低いので、食事から摂取する必要があります。
ナイアシンが欠乏すると、腹部や後肢に皮膚炎が起きます。

ビタミンB6(ピリドキシン)

ビタミンB6は、脂肪の代謝に必要なビタミンの一種で、猫は犬の3~4倍の量を必要とします。
ビタミンB6が不足すると、食欲不振、痙攣、貧血、腎臓の障害を起こす場合があります。

おわりに

犬と猫では必要な栄養の種類や量が違います。
猫が、少しドッグフードを食べたからと言って、すぐに生死にかかわるわけではありません。
しかし、常に食べ続けていると健康を害したり、最悪の場合は、死に至ります。
猫と犬に食事を与える場合は、食事を監視したり、与える部屋を分けて与えましょう。
また、食べ終わったらすぐに皿を下げましょう。

関連記事

トップに戻る