≪厳選≫ねこごはんWEB
メインイメージ

キャットフードの添加物アスコルビン酸、クエン酸、ローズマリー抽出物について

キャットフードの原材料の欄に、「アスコルビン酸」や「クエン酸」、「ローズマリー抽出物」という言葉を見たことはありませんか?
アスコルビン酸は聞いたことがない、という人も多いのではないでしょうか?
アスコルビン酸、クエン酸、ローズマリー抽出物は、添加物の名前です。
ここでは、キャットフードの添加物の中のアスコルビン酸、クエン酸、ローズマリー抽出物について 説明します。

添加物には、BHTやBHAなどの人工添加物の他に、天然の素材から抽出された添加物があります。
アスコルビン酸、クエン酸、ローズマリー抽出物は、天然の素材から抽出された天然由来の酸化防止剤です。
天然由来とは、天然の素材から取り出した成分に化学処理を加えてできた成分です。

アスコルビン酸

アスコルビン酸というと、聞きなれない言葉ですが、アスコルビン酸はビタミンCの化学名です。
ビタミンCは、腸で鉄分の吸収を高めたり、がんの予防の働きがある他に、酸化防止作用があります。
また、コラーゲンの形成を促進したり、免疫機能を高める働きもあります。

アスコルビン酸は、キャットフードでは、ビタミンCとしての栄養強化ではなく、酸化防止剤として使われていることが多いです。

クエン酸

クエン酸は、酸化予防や保存料としてキャットフードに使用されています。
クエン酸は、柑橘類や梅干しなどに多く含まれている酸味成分で、柑橘類以外では、さつまいもから作ることもできます。

クエン酸は、尿をアルカリ性にして尿路結石を防ぎ、猫がかかりやすい腎臓疾患の予防にも役立ちます。
また、老廃物を分解し血流をよくする働きや、皮膚や被毛の健康を維持し、美しい毛並みや毛艶を作ります。

ローズマリー抽出物

ローズマリー抽出物は、天然ハーブのローズマリーの葉や花から抽出した酸化防止剤で、抗酸化力が強く持続性も高いので、キャットフードによく使われています。

ローズマリー抽出物は、動物性油脂にも植物性油脂にも抗酸力があり、ビタミンEと一緒に添加されるとより有効性が高くなります。

ローズマリーは、ハーブとしては、肉料理の臭い消しに使われますが、ローズマリー抽出物は、キャットフードの味や匂いに影響がありません。
また、熱を加えられても成分が変化しにくいので、高温で加工して製造されるキャットフードでも効果が変わらない、という利点をもっています。

おわりに

アスコルビン酸、クエン酸、ローズマリー抽出物は、天然素材から抽出された酸化防止剤なので、 猫が摂取しても害になることがありません。
欠点としては、BHAやBHT、エトキシキンなどの人工添加物に比べると、酸化防止の期間が短いことです。
しかし、キャットフードの酸化は、保存方法に気を配ったり、少な目の量のキャットフードを買って早めに使い切る、などの工夫でかなり防ぐことができます。
ですので、酸化防止剤は、猫の身体に安全なアスコルビン酸、クエン酸、ローズマリー抽出物を使用しているキャットフードを選ぶといいでしょう。

関連記事

トップに戻る