≪厳選≫ねこごはんWEB
メインイメージ

キャットフードの添加物エトキシキンについて

みなさんは、「エトキシキン」という言葉を耳にしたことはありませんか? エトキシキンは、キャットフードに使われていることがある人工添加物の名前です。
ここでは、キャットフードの添加物のひとつ、エトキシキンについて説明します。

エトキシキンとは?

エトキシキンは、もともとはゴムの固定材として開発されたイオキシン系の化学物質で、駆除剤や除草剤に使用されています。
日本では、農薬や食品添加物としての使用は認可されておらず、家畜や養殖魚の飼料への添加は認められています。

エトキシキンに含まれた飼料を食べた家畜の残留許容量は1ppmpです。
ppmpは濃度の単位で、1ppmpは0、0001%です。
家畜は、人間の口に入るので残留許容量が低いのです。
ところが、ペットフード安全法の基準では、ドッグフードの残留許容量は75ppmpでキャットフードの残留許容量は150ppmpもあります。

表示義務がない場合がある

ペットフード安全法によると、キャットフードを製造する際に使われる人工添加物は、表示が義務づけられていますが、キャットフードを製造する際に使われる原材料に含まれる人工添加物には使用を表示する義務がありません。
例えば、ミールの材料になる肉にエトキシキンが添加されていても、パッケージには表示する義務はありません。
ですから、キャットフードのパッケージに無添加と表示されていても、原材料に人工添加物が含まれている場合があります。

なぜエトキシキンは使用されるのか

エトキシキンが使われる理由は2つあります。

キャットフードを安く作るため

エトキシキンは、安価で酸化防止効果、防腐効果が高いので、キャットフードを安く大量に作るために使用されている場合があります。

自然発火を防ぐため

キャットフードに含まれることがあるミールや副産物には、粗悪な肉が使用されている場合があります。
粗悪な肉は、多量の油脂を含んでいるので、酸化熱を発生させやすいという特徴があります。
粗悪な肉を使って作られたキャットフードは、海外から船で輸送中に、室内が高温になって自然発火する可能性があるので、自然発火を防ぐために、酸化防止力が高いエトキシキンを使う事が国際海事危険物規定で定められています。

猫がエトキシキンを摂取するとどうなるか

猫が、エトキシキンが使用されているキャットフードを食べると、アレルギー性皮膚炎や目の炎症を起こす場合があります。
また、動物実験では、肝臓、腎臓、生殖器の障害、胎児の奇形や、発がん性の可能性も認められています。

エトキシキンが含まれているキャットフードの見分け方

パッケージの原材料欄をチェックする

キャットフードの加工中にエトキシキンが使用されているものは、表示が義務づけられています。
パッケージの原材料の欄に、エトキシキンと表示があるキャットフードは避けましょう。

原材料にミールや副産物が含まれているキャットフードは避ける

キャットフードの原材料で、エトキシキンが使用される可能性があるのはミールと副産物です。
ミールや副産物には、4Ⅾミートと呼ばれる粗悪な肉が使用されている場合があり、この4Ⅾミートに エトキシキンが大量に使用されていることがあります。
ですので、原材料にミールや副産物が使用されているキャットフードは避けましょう。
ただし、高価なキャットフードで、チキンミールやサーモンミールのように、ミールの前に素材の名前が明記されているミールは、4Ⅾミートは使用されていません。
キャットフードを購入する際に、製品紹介のホームページで確認するか、メーカーに問い合わせると安心でしょう。

おわりに

エトキシキンは、農薬や食品添加物としての使用は禁止されている人工添加物です。
しかし、日本では、ペットフードに対しての、エトキシキンの残留許容量や表示の仕方の基準が緩いです。
原材料にエトキシキン、ミール、副産物の表示があるキャットフードは避けましょう。
キャットフードは、人工添加物ではなく、ローズマリー抽出物、緑茶抽出物や天然の成分から抽出されたビタミンEなどの天然由来の酸化防止剤が、使用されているものを選びましょう。

関連記事

トップに戻る