≪厳選≫ねこごはんWEB
メインイメージ

キャットフードはいい加減に選ばないようにしよう

ペットショップやドラッグストアに行くと、驚くほどたくさんのキャットフードが並んでいます。
皆さんはずらりと並んだ中から、どうやってキャットフードを選んでいますか?
パッケージのデザインや値段で、いい加減に選んだりしていませんか?
キャットフード選びは、猫の健康や寿命にかかわる大事なことです。
ここでは、もし、キャットフードをいい加減に選ぶとどのような事が起こるのか、を紹介します。

いい加減に選んだキャットフードに、次に述べるものが大量に含まれていたら、どのようなことが起こるのでしょうか?

穀類が多く入っているもの

猫は元々肉食なので人間と違い穀類を必要としません。
そのため、猫の身体は穀類を消化しにくくなっています。
穀類を大量に摂取すると、アレルギーを起こすこともあり、下痢や嘔吐が続いたり、全身の痒みや脱毛、発熱が起きたりします。

ミート、副産物が入っているもの

原材料の中に「〇〇ミート」「〇副産物」と表示されているものには、「4D」と呼ばれる粗悪な肉が含まれていることがあります。
4Dとは、「死んだ」「死にかけだった」「障害があった」「病気だった」、という言葉の英語の頭文字を取ったもので、人間には食用として許可されていない肉です。
それをペットフード会社が安く買い取って、ペットフードに使用していることがあります。
4Dを多量に摂取すると、栄養失調になる、アレルギー体質になる、毛艶が悪くなる、腎臓病、肝臓病になるリスクが高くなる、などの危険があります。

BHA、BHT、エトキシキンが入っているもの

添加物はどれも猫の身体に必要なものではありませんが、その中でも、BHA、BHT、エトキシキン、と呼ばれる酸化防止剤を多く摂取すると、以下に述べるような危険があるのでは、と危険視されています。

BHA

発がん性の疑いがあります。
また、肝臓に悪い影響を与える事があります。

BHT

歩行障害、呼吸困難、消化器官の出血を起こすことがあります。
また、発がん性の疑いもあります。

エトキシキン

除草剤や駆除剤に使われている薬剤で、人間用に使用が禁止されています。
農薬として使用することも禁止されています。
エトキシキンは、腎臓、胃、膀胱、大腸がんの発がん性が高い添加物です。
また、アレルギーを引き起こす原因になります。

まとめ

いい加減にキャットフードを選ぶと、このようなことが起きるかもしれません。
がんは死に至りますし、慢性腎不全や肝臓炎にかかってしまうと、一生薬を飲まなくてはならない上に、寿命が短くなる確率も高くなります。
それ以外の症状も、猫にとっても飼い主にとっても辛い症状ばかりです。
キャットフードを選ぶ時は、いい加減に選ばず内容に注意して選びましょう。

関連記事

トップに戻る