≪厳選≫ねこごはんWEB
メインイメージ

キャットフードはいつあげればいいのか

猫がペットとして人間と共に暮らすようになり、完全室内飼いが増えた現代では、猫に与える食事は、一日に必要な量を何回かに分けて決まった時間に与えるとよい、とされています。
では、キャットフードを与えるのに適した時間はあるのでしょうか?
本来、猫は毎日朝と夕に自分の縄張りを回り、狩りをして食事をしていました。
ですので、猫にとっての規則正しい食事時間は朝と夕だと言われています。
ここでは、人間の生活サイクルが朝型の場合の参考例を紹介します。

キャットフードを与える時間

1日2回の場合

猫の食事は、一日2回の場合、朝と夕に与えるといいでしょう。
この場合、なるべく食事と食事の間隔が同じ方が好ましいです。
例えば、朝6時与えたら夜は6時、朝8時に与えたら夜8時くらい、と12時間ごとを目安としましょう。

1日3回の場合

一日に3回の場合は、朝は起床してすぐ、昼は12時~2時頃、夜は7~8時くらい、と8時間くらいの間隔をあけて与えましょう。

1日4回の場合

1日に4回の場合は、朝は起床してすぐ、昼は12時頃、夕方4時頃、夜8時頃、と4時間くらいの間隔をあけて与えましょう。

授乳中の場合はとにかく栄養が必要です。

基本的には猫が欲しがった時にいつでも食事を与えましょう。

寝る前に与える場合

夜中に、空腹のあまりに飼い主を起こすようだと、猫も飼い主もストレスです。
夜、あまりにも空腹を訴えるようだったら、寝る前に少量を与えましょう。
その場合は、一日に必要な量をオーバーしないように調整しましょう。

食事の間隔は空ける

猫は、食事後に尿がアルカリ性に傾くので、食事の間隔が狭いと、膀胱炎や尿結石になる危険性が高くなります。
食事と食事の時間はある程度、空けましょう。

無理強いはしない

人間と暮らすようになり、飼い主の生活サイクルに合わせて暮らしている猫は多いです。
しかし、野生の頃の「夜型」のサイクルが抜けない猫もいます。
その場合はあまり無理強いせずに、お互いにストレスにならない範囲で、ある程度調整しましょう。
食事の時間がある程度空いており、規則正しく与えることができればよい、と考えましょう。

おわりに

猫は、決まった時間に食事を与えると、食事の時間を覚えて、他の時間には催促しなくなります。
食事の前に決まった音楽を流して、音楽が鳴ったら食事、と習慣づけるのもひとつの方法です。
生活リズムを整えて、猫も飼い主も快適に過ごしましょう。

関連記事

トップに戻る