≪厳選≫ねこごはんWEB
メインイメージ

キャットフードはどの原産国を選べばいいのか

ペットフードを選ぶ時に、原産国を調べると色々な国があることがわかります。
どの原産国を選べばいいのか迷う人は多いのではないでしょうか? ここでは、「キャットフードを選ぶ時に、どの原産国を選べばいいのか」を紹介します。

各地域の特徴

ヨーロッパ

ヨーロッパの中でもペット先進国のドイツ、フランス、イギリスは、動物愛護の意識が高く、ペットフードの安全基準も日本より厳しいです。
ヒューマングレード、グレインフリー(穀物不使用)、オーガニックの製品も多く製造されています。
しかし、その他のヨーロッパの国の中には、安全基準が低い国もあります。

アメリカ・カナダ

アメリカは、安全規制が国と、各州と2段構えであるので、安全性が高いです。
カナダは、国の規制はありませんが、自主基準を設け、信頼のある機関で安全性を認定してもらうメーカーが多いです。
カナダは、メーカーや消費者の意識が高く、高品質のキャットフードが多いです。

アジア(日本、中国、韓国)

アジアは、安全性の確保がヨーロッパやアメリカより劣っています。
日本は、2009年にペットフード安全法が施行されてからは、安全管理は以前よりよくなりましたが、それでもペット先進国に比べて、安全性は低いです。
ペットフード安全法が施行される前は、原産国や添加物の表示、賞味期限の表示は、ないものがほとんどでした。

オセアニア(ニュージーランド、オーストラリア)

オセアニアは、自社生産のメーカーが多く、グレインフリー(穀物不使用)やオーガニックにこだわるメーカーが多いです。

オーストラリアは、「ペットフード工業会」が厳しい基準を設けていて、その基準を満たしたものだけが輸出されているので、レベルが高いです。

原産国と原産地は違う

ペットフードの原産国は、最後に加工した国が原産国として記載されます。
例えば、中国で採れた食材を、日本で加工して販売すると、原産国は日本です。
しかし、単にラベルを貼ったり缶に詰めただけでは原産国になりません。
原産地の表示は、ペットフード安全法では特に規定されていません。
原産地は、メーカーのHPで確かめるか、問い合わせてみる以外に確認する方法はありません。

おわりに

安全性から選ぶのなら、原産国は、日本より安全基準が厳しいアメリカやヨーロッパの方がいいでしょう。
グレインフリーやオーガニックにこだわるなら、フランスやオセアニアの製品に品質レベルが高いものが多いです。
国産でも、安全性にこだわったメーカーはあります。
国やメーカーによって特徴が違うので、自分がこだわる部分を確認し、納得がいくキャットフードを選びましょう。

関連記事

トップに戻る