≪厳選≫ねこごはんWEB
メインイメージ

キャットフードは一日に何回あげればよいか

昔は、猫は自分で必要な量だけ食べるので、好きなだけ与えてもよい、と言われていましたが、完全室内飼いが増えると運動量が減り、肥満になる猫が増えてきました。
しかし、飼い主が食事の量や回数をコントロールして与えることで、肥満を避け、健康に過ごすことができます。
では、猫に与える食事は一日に何回が適切なのでしょうか?
ここでは、キャットフードは一日に何回あげればよいのか?について紹介します。

子猫(1歳未満)

子猫は生後2カ月くらいから、ふやかしたキャットフードを食べることができるようになります。
しかし、子猫は身体が小さく胃も小さいので、一度にたくさんの量を食べることができません。
子猫には、一日に必要な量を4~5回に分けて与えましょう。

成猫(1~6歳)

成猫になると成長も止まり、一度に食べることができる量が増えます。
成猫には、一日に必要な量を2回に分けて与えましょう。
しかし、一回分の量を一度に食べると吐く場合や、空腹感を強く感じ、一気に食べてしまって吐き戻す場合は、3~4回に分けて与えましょう。

高齢猫(7歳以上)

高齢猫になると、徐々に身体の機能も衰え、代謝も悪くなります。
成猫と同じように、一日に2回に分けて与えてよいですが、一度に食べる量が減ってきた場合は 3~4回に分けて与えましょう。

去勢、避妊猫

猫は去勢、避妊をすると代謝が減る傾向があるので、手術後にそれまでと同じように与えていると 肥満になる場合があります。
去勢、避妊前に1日2回に分けて与えていた場合は、2~3回に増やして様子を見ましょう。
太らないようなら一日2回に戻しますが、太るようならカロリー計算をやり直して、量を調整しましょう。

妊娠中

妊娠中は、普通の場合より必要なカロリーが増えます。
しかし、お腹が大きくなってくると胃が圧迫され、一度に多く食べることができなくなります。
一日に必要な量を3~5回に分けて与えましょう。

授乳中

授乳中は、普通の場合より2~3倍のカロリーが必要です。
授乳中は、猫がいつでも食べることができるようにしましょう。

肥満猫

肥満の猫は、食欲が旺盛な場合が多いです。
一日に与える回数を増やし、一回に与える量を減らすことにより、満腹感を長持ちせるようにしましょう。

おわりに

食後の猫の尿は、一時的にアルカリ性寄りになるので、一日に何回も食事を与えると膀胱炎や尿結石になりやすくなります。
決まった量を決まった回数に分けて、決まった時間に与えましょう。
また、飼い主の生活パターンや猫の状態によっても与える回数や時間は違ってくるので、状態に合わせて適切に与えましょう。

関連記事

トップに戻る