≪厳選≫ねこごはんWEB
メインイメージ

アメリカ産キャットフードについて

キャットフードを調べると、アメリカ産キャットフード、と表示されているものを多くみかけます。
アメリカはペット先進国のひとつで、ペットフードの安全性に対する規制が充実しています。
ここでは、アメリカ産のキャットフードについて紹介します。

安全管理に対する規制

アメリカでは、2007年にアメリカ産のキャットフードを食べた犬や猫が、腎不全を起こし死亡する事件が起きました。
この事件は、北米、ヨーロッパ、南アフリカまで広がり、その後の調査で、中国から輸入した原材料の小麦に、メラミン、シアヌル酸が混入していたことが原因だと判明しました。

当時、法律で安全基準は示されていましたが規制はなく、この事件後、アメリカ産キャットフードは敬遠されました。
しかし、その後アメリカは複数の規制を設け、現在はFDA(食品医薬品局)が法律に基づき、立ち入り検査や指導を行っていて、安全性が高くなっています。

現在アメリカでは、キャットフードは連邦政府で規制が行われ、さらに州ごとに異なった法律で規制が行われています。
連邦政府による規制は、連邦食品、医薬品、化粧品法に基づいて行われ、ペットフードを含む飼料の安全を確保しています。
州政府による規制は、AAFCO(米国飼料検査官協会)が作成したモデルを基準に、適正な流通を目的とした規制を実施しています。
アメリカは、犬猫用ペットフードへの栄養の妥当性表示の義務付け等、品質確保のための規制が充実しています。

アメリカ産キャットフードの特徴

種類が多い

アメリカ産のキャットフードは種類が多く、ウェットフードも多いので選択肢が豊富です。

審査基準が日本よりも厳しいので安全性が高い

アメリカ産キャットフードは、成分表示の基準が、日本よりも厳しいので表示内容が細かく、安全なものを見つけやすいです。
メーカーによっては、全ての原材料に原産国やその地方まで表示しています。

原材料にミール、副産物、穀物が入っているものが多い

アメリカ産キャットフードは、原材料にミールが表示されているものが多く、副産物や穀物が入っているものも多いです。
ただし、アメリカ産キャットフードのミールは、日本産のキャットフードのように粗悪な肉が入っている可能性が高いわけではありません。
「ミートミール」ではなく「〇〇ミール」(例えばチキンミール)と表示されているものは単に、〇〇を粉状にしたもの、という意味を表しています。
アメリカでは、ミールの基準は羽、足、内臓を除いた骨付き又は骨なしの清潔な肉と皮の脂分を取り、すり潰したものである、と定義されています。

おわりに

アメリカは、ペットフードの安全についての規制が多いので、アメリカ産キャットフードは、安全性が高いです。
原材料にミールや穀物が多いことが気になる人は、アメリカ産で、主原料は肉や魚のキャットフードを選ぶといいでしょう。

関連記事

トップに戻る