≪厳選≫ねこごはんWEB
メインイメージ

キャットフードは冷蔵庫で保管したほうがよいのか

皆さんは、キャットフードをどこに保管していますか? キャットフードの保管は、直射日光を避け冷暗所がいい、と聞けば冷蔵庫を思い浮かべる人は多いのではないでしょうか?
本当に、キャットフードは冷蔵庫に保管した方がいいのでしょうか?
ここでは、キャットフードは冷蔵庫に保管できるのか?について紹介します。

ドライキャットフードの場合

ドライキャットフードは、冷蔵庫には保管できません。

ドライキャットフードを冷蔵庫に保管すると、出し入れの時の温度差で結露が生じ、カビが生えてしまうことがあります。
また、冷蔵庫と室温の温度差でキャットフードが傷む場合もあります。

傷んだキャットフードを猫が食べると、下痢や体調不良、アレルギーを起こすことがあります。
ドライキャットフードは、温度の変化に敏感なので、急激に温度を変えないように保管する必要があります。

ドライキャットフードは、温度の変化が少なく、直射日光が当たらない場所で常温で保管しましょう。
また、ドライキャットフードは冷凍保存もできます。
ドライキャットフードを冷凍する場合は、小分けにしてジップロップかアルミ素材の袋に入れて、密封もしくは真空の状態にして冷凍保存します。

ウェットキャットフードの場合

ウェットキャットフードは、缶を開ける前は常温で保管しますが、缶を開けた後は冷蔵庫で保管します。

取り分けておいたウェットキャットフードは、皿に取ってラップをするか密閉容器に入れて冷蔵庫で保管します。
食べ残したウェットキャットフードは保管できません。
ウェットキャットフードは、水分を多く含むので傷みやすく、冷蔵庫での保管は一日が限度です。
一日たっても消費できなかった分は破棄しましょう。

また、ウェットキャットフードも猫が口を付けていない取り分けた分であれば冷凍で保管できます。
ウェットキャットフードは、ラップかビニール袋に平らにして入れ、空気を抜いて冷凍庫で保管します。

まとめ

ドライキャットフードは、冷蔵庫で保管すると、カビが生えたり、かえって傷んだりします。
ドライキャットフードは常温か冷凍で保管しましょう。
反対に、開封したウェットキャットフードは冷蔵庫に入れないと傷みます。
開封したウェットキャットフードは冷蔵庫か冷凍庫で保管しましょう。
間違った保管をするとキャットフードは傷んで食べられなくなります。
キャットフードは、正しい方法で保管しましょう。

関連記事

トップに戻る