≪厳選≫ねこごはんWEB
メインイメージ

キャットフードを酸化しないように保存する方法について

皆さんは、キャットフードは開封した瞬間から酸化が始まることをご存じですか?
キャットフードが酸化すると、匂いや味が落ち始め、品質が劣化します。
品質が劣化したことに気がつかずに、酸化したキャットフードを猫に与えると健康を害します。
キャットフードの酸化は、保存方法によって遅らせることができます。
ここでは、キャットフードを酸化しないように保存する方法について紹介します。

酸化とは?

酸化とは、食物が空気に触れて化学反応を起こすことです。
キャットフードの場合、キャットフードに含まれている脂肪分が酸化して過酸化脂質になり、その後、悪玉コレステロールになります。
悪玉コレステロールが蓄積されると、皮膚や内臓に負担をかけ、がんやアレルギーになる可能性が高くなります。

キャットフードは酸化すると、酸味や苦味が出てきて、色が薄くなります。
酸化したキャットフードを食べると、新陳代謝が低下し、栄養が行き渡りにくくなって、嘔吐や下痢を起こしたり、老化が早くなったりします。

酸化したキャットフードを見分ける方法

触ってみる

酸化したキャットフードは、触るとベタベタします。

指で押してみる

キャットフードを指でつぶしてみて、少しでも表面が柔らかくなっていたら、そのキャットフードは酸化が進んでいます。

匂いや色で判断する

酸化したキャットフードは匂いが変わっています。
また、色が薄くなり、ウェットキャットフードの場合は、赤味が減っています。

キャットフードの酸化を防ぐ保存方法

酸化は、空気に触れなければ起きないので、キャットフードが空気に触れる回数をできるだけ減らします。

小分けしてジップロックに入れる

キャットフードを開封したら、すぐに1~3日分を計量し、食器保存容器やジップロックに脱酸素剤と食品乾燥剤を入れて小分けします。
小分けしたジップロックは、フードストッカーなどの密封容器に入れるとさらに酸化を防止します。

小分けして真空パックにする

小分けしたキャットフードは、真空パック器を使って保存するとさらに酸化を防止できます。
真空パック器は、通信販売や店頭で購入できます。

ジップロックや真空パックに使う袋は、色が透明なものは光を通して酸化が進みます。
色付きの袋やアルミ素材の袋がいいでしょう。
アルミ素材の袋がない場合は、上から布をかけて光が当たらないようにします。

密閉容器に入れる

キャットフードは、密閉容器に入れて保存すると空気に触れにくくなります。
密閉容器には、ビン、缶、プラスチックなどの素材がありますが、酸化防止の効果に差はほとんどありません。
密閉容器は、ペット専用の密閉フードストッカーが便利です。

フードストッカーに入れる時は、ストッカーの底に脱酸素剤と乾燥剤を置き、キャットフードを入れたら、ビニール袋に入れた新聞紙を入れて、すき間がなるべくできないようにします。
キャットフードと蓋(ふた)の間の空間をできるだけ埋めて、キャットフードが空気に触れる面積を減らすように入れましょう。
キャットフードが減ってきたら、新聞紙の量を増やしてすき間を埋めます。

また、フードストッカーの一種のフードディペンサーも酸化を防ぐ効果が高いです。
フードディぺンサーは、キャットフードを入れてダイヤルを回すと、使いたい分だけキャットフードが出てきます。
蓋を開け閉めする必要がないので、空気に触れる回数が非常に少なくてすみます。

また、フードストッカーには、真空密閉できるストッカーもあります。
真空で保存できるので、酸化を予防する効果は密閉フードストッカーより高いです。
真空密閉できるストッカーには、手動のポンプなどで真空状態にするタイプと、ボタンを押すと自動で真空にできるタイプがあります。

ウェットキャットフードの場合

ウェットキャットフードは、水分含有量が75%以上あるので、保存はあまりできません。
一回で食べきれない場合は、保存容器か皿に取り分けて冷蔵庫で保存できますが、一日で食べきりましょう。

一日で食べきれない場合は、残ったキャットフードは、ラップに包んで冷凍保存できますが、なるべく早く与えましょう。
解凍する場合は、電子レンジや常温で解凍すると味が変わるので、冷蔵庫に移して自然解凍します。

まとめ

キャットフードは、空気に触れると酸化するので、できるだけ空気に触れないように密閉保存します。
密閉保存には、ジップロックに入れる、真空パックにする、密閉容器、真空密閉容器に入れる、など色々な方法があります。
手間がかかる場合もあるので自分に合った方法を選びましょう。

関連記事

トップに戻る