≪厳選≫ねこごはんWEB
メインイメージ

キャットフードを使った簡単レシピ

猫に手作りご飯を与えたいと思っても、手作り、と聞くだけで難しいような気がする飼い主さんも多いのではないでしょうか? 確かに、毎日全てを手作りするのは大変ですが、いつも与えているキャットフードにちょっと手をかけただけでも、猫は喜んで食べてくれます。
ここでは、キャットフードを使った簡単レシピを紹介します。

手作りご飯も、キャットフードを使えばとても簡単にできます。
なあんだ、と思うくらい簡単なレシピもあるので、ぜひ参考にしてみてください。

鶏ささ身のスープ風ご飯

鶏のささ身(皮を取った胸肉でもOK)を茹で、細かく裂きます。ゆで汁は捨てずに取っておきます。
ドライキャットフードに裂いたささ身を乗せ、ささ身のゆで汁をかけたらできあがり。

アレンジ

ささ身を湯がいた後のゆで汁で、かぼちゃを茹でマッシュします。
裂いたささ身の上に、マッシュしたかぼちゃを乗せてゆで汁をかけます。
ささ身とかぼちゃのスープ風ご飯のできあがりです。

まぐろ丼とツナ丼

新鮮なまぐろの刺身を小さく切って、ドライもしくはウェットキャットフードに混ぜます。
まぐろ丼のできあがりです。
キャットフードはどちらを使用してもいいです。
両方使用してもいいでしょう。

耐熱皿にオリーブオイルを塗り、マグロの刺身を乗せます。
刺身にオリーブオイルを垂らして、ラップをかけて、電子レンジで2分(お使いの電子レンジによって加減してください)加熱します。
粗熱を取ったら、ほぐしてキャットフード(ドライでもウェットでもよい)に乗せて、手作りツナ丼のできあがりです。

シラス丼

塩分のない生シラスを、さっと湯がきます。
ザルにあげて、粗熱がとれたらキャットフードに乗せて、シラス丼のできあがりです。

手作りふりかけご飯

鶏のささ身のふりかけご飯

鶏のささ身は、すりこぎ等で薄く伸ばして、170~180度のオーブン、またはオーブントースターで 10分~15分焼きます。
冷めたら、ミキサーかすりこぎで細かく粉砕すると、ささ身のふりかけができます。
できたささ身のふりかけをキャットフードに乗せたら、ささ身のふりかけご飯のできあがりです。

魚の骨のふりかけご飯

アジやイワシの骨をクッキングシートに乗せ、170~180度に熱したオーブン、またはオーブントースターで、途中で様子を見てひっくり返しながら10分~20分焼きます。
カリカリっと焼けたら取り出して冷まし、ミキサーやすりこぎで粉砕すると、魚の骨のふりかけの できあがりです。
できた魚の骨のふりかけをキャットフードにトッピングすると、魚の骨のふりかけご飯のできあがりです。

同じ要領で、魚の身でふりかけをつくることもできます。

おわりに

猫に手作りご飯を与える、と構えてしまうと、カロリーや栄養の計算や、手間などを考えて敷居が高くなってしまいがちです。
しかし、週に一度程度、このような簡単レシピなら、飼い主も簡単に作ることができ、猫も喜んで食事の楽しみになるでしょう。
また、猫の食いつきが悪くなった、食欲がない、水分が足りていない、などの時に与えてみてもいいでしょう。

関連記事

トップに戻る