≪厳選≫ねこごはんWEB
メインイメージ

キャットフードを手作りするときに気をつけること

いつも同じキャットフードばかり食べている猫を見て、手作りのキャットフードを与えてみたいと思う飼い主さんもいるのではないでしょうか?
手作りをすれば、添加物の心配もいりませんし、何より愛情のこもったキャットフードを与えることができます。
しかし、猫は人間と同じものを食べることができないので、キャットフードを手作りする時には注意が必要です。
ここでは、キャットフードを手作りする時に気を付けることについて紹介します。

与えてはいけない食材を把握する

キャットフードを手作りする際に一番気を付けたいことは、人間の食材には猫が食べると毒になり、最悪の場合は死に至るものがあるので、そのような食材は絶対に与えないことです。
猫に与えてはいけない食材は以下のものです。

ネギ類

ネギ科の野菜には、猫の血液中の赤血球を破壊する、アリルプロピルジスルフィドという成分が含まれています。
猫にネギ類を与えると、溶解性貧血を起こす場合があります。

ぶどう、レーズン

猫が、ぶどうやレーズンを食べると、嘔吐や下痢、慢性腎不全を引き起こすことがあります。

貝類

アワビ、トリガイ、サザエ、トコブシには、猫の皮膚や腫れたり、かゆみを生じる毒素が含まれています。
また、ハマグリ、アサリ、シジミには、ビタミンB1を破壊する成分が含まれています。
ただし、ホタテの貝柱には、毒は含まれません。

アボカド

アボカドに含まれるぺルジンという成分が、人間以外の動物には毒になります。
猫がアボカドを食べると、下痢、嘔吐を引き起こし、最悪の場合死に至ることがあります。

硬水のミネラルウォーター

軟水のミネラルウオーターは使用してもかまいませんが、硬水のミネラルウォーターには、マグネシウムやカルシウムが多く含まれているので、尿結石や膀胱結石になる可能性が高くなります。

火を通した食材を与える

猫は肉食なので、牛肉や鶏肉は生で食べることができますが、生肉を食べ慣れていない場合は、お腹が緩くなる場合もあるので、火を通したほうが安心です。
また、生で与えると有害ですが、火を通せば安心な食べ物もあります。
豚肉には、トキソプラズマという寄生虫がいる場合があります。
生のイカに含まれるチアミナーゼという酵素はビタミンB1を破壊し、生卵にはビタミンの吸収を妨げるアビジンという成分が含まれています。
これらは火を通すと破壊されますので、加熱すれば与えることができます。
ですので、猫の手作りキャットフードは、火を通したものを与えましょう。

必要な栄養、カロリーを摂れるようにする

猫に与える食事は、肉が6~7割(動物性たんぱく)に対して野菜や海藻が3~4割のバランスが望ましいです。
手作りキャットフードを与える場合、毎日の食事で必要な栄養素を全て摂ることは難しく、一週間くらいのスパンで摂ることを心がけますが、専門的な知識が必要で難しいです。
市販のキャットフードと併用して与えるか、手作りキャットフードは一週間に一度くらいを目安に 与えるといいでしょう。

味付けはしない

猫は、人間のように味がないと食べにくい、ということはありません。
また、猫は塩分をさほど必要としていません。
塩分を摂りすぎると、腎臓、心臓に負担をかけて最悪の場合死に至ります。
ですので、手作りキャットフードの場合、調味料は必要ありません。

おわりに

手作りキャットフードは、添加物の心配がない、新鮮なものを与えることができる、水分を摂取しやすい、などのメリットがあります。
しかし、必要なカロリーや栄養を全て与えることが難しい、保存が利かないので毎日作らなけらばならない、などのデメリットもあります。
どうしても手作りにこだわりたい場合は、一週間に一回から始めて、少しずつ回数を増やしていきましょう。
そして、栄養が偏ったり、不足したりしないようにメニューに気を付けましょう。

関連記事

トップに戻る