≪厳選≫ねこごはんWEB
メインイメージ

キャットフードを切らしたときに何をあげればいいか

昔は、猫に与える食事は「猫まんま」という言葉があるように、人間の食べ残しでした。
しかし、キャットフードが普及し、今では猫にキャットフードを与えている人は多いです。
キャットフードは、猫の栄養を考慮して作られているので、種類や成分、品質などに気を付けて選べば猫に与える食事の心配はいりません。
また、普通の食品に比べると、賞味期限も長く、ストックしている人も多いでしょう。
しかし、もしも、キャットフードを切らしてしまったり、有事が起きてキャットフードが手に入らなくなったらどうしますか? もしもの場合に、キャットフード以外で、猫に与えていいものは何かを知っておくと心強いでしょう。

何を与えるといいのか?

キャットフードを切らした時は、人間が食べるものの中から、猫が食べることができるものを与えます。
人間の食べ物には、猫が食べると危険なものがたくさんあります。
対処すれば大丈夫な食べ物もあれば、絶対与えてはいけない食べ物もあります。
猫が食べると危険な食べ物は、しっかり把握しておきましょう。

食べると危険なもの

〇人間用に味付けがしてあるもの
人間用に味付けがしてあるものは塩分が多すぎます。
猫に与える時は、どんな食品でも味付けはしないで与えましょう。

〇ネギ類
ネギ科の野菜は、溶解性貧血を起こす可能性が高いので与えてはいけません。

〇チョコレート
猫は、カカオに含まれたテオブロミンという成分を分解できないので、嘔吐、下痢を起こします。
場合によっては、死に至る場合もあるので、絶対に与えてはいけません。

〇カフェイン
猫は、カフェインに含まれている興奮作用を分解できません。
食べると嘔吐、下痢、興奮などの 中毒症状が出ます。

〇イカ、タコ、貝類
皮膚炎、消化不良をおこします。

〇生の豚肉
生の豚肉には、トキソプラズマなどの寄生虫や、サルモネラ菌、カンピロバクターなどの細菌がいる危険があります。
これらは火を通すと死滅するので、与える時には必ず火を通しましょう。

〇生卵の白身
卵の白身には、ビタミンの吸収を妨げるアビジンという成分が含まれています。
そのため、卵の白身を摂取すると、ビタミンが不足して皮膚炎や結膜炎を起こす可能性が高くなります。
加熱すると破壊されるので、卵を与える時は加熱して与えましょう。

〇ぶどう、レーズン
原因はまだ不明ですが、ぶどうやレーズンを大量に摂取すると急性腎不全を起こす危険性があります。

〇アボカド
アボカドに含まれているペルシンは、人間以外の動物にとって毒性が高い成分です。
アボカドを食べると下痢や嘔吐を引き起こし、最悪の場合、死に至ります。
絶対に与えてはいけません。

〇ミネラルウォーター
軟水のミネラルウォーターは与えても構いませんが、硬水のミネラルウォーターは、マグネシウムやカルシウムが多く含まれているので避けましょう。
尿結石や膀胱結石になる可能性が高くなります。

与えてもよいもの

食べてはいけないもの以外は基本的には食べることができます。
猫は、肉食でタンパク質を必要とするのでメインには魚か肉を与えましょう。

〇青魚(アジ、イワシ、サバ)以外の火を通した魚。
骨は取り除きます。

〇豚以外の肉
豚肉は火を通せば食べることができます。
豚肉以外は生でも食べることができますが、滅菌をかねて熱湯を回しかけてから与えましょう。

〇ゆでた卵
卵は、必ず火を通します。
火を通せば白身も黄身も食べることができます。

〇ご飯・麺
魚や肉をゆでて小さく刻み、少量のご飯や麺に混ぜるといいでしょう。

〇プレーンヨーグルト
味つけをしない状態で与えます。

〇カッテージチーズ
猫は、チーズが好物の場合が多いですが、チーズは塩分が多いので、塩分が少ないカッテージチーズを与えましょう。

〇じゃがいも、さつまいも、かぼちゃ
これらの野菜は食物繊維、ビタミンが豊富です。
柔らかくゆでて与えます。

作り方

素材単品では栄養が足りない場合も多いので、なるべく複数の素材を使いましょう。
電子レンジを使えば簡単に用意できるものもあります。
例えば、マグロの刺身にオリーブオイルを垂らし、レンジで2~3分加熱し、ほぐすと猫用ツナができます。
また、人間が肉じゃがを作る時に、豚肉とじゃがいもを少量取り分け、小さく刻んで水で煮ると猫用肉じゃがができます。
煮込んだスープも一緒に与えると、水分も摂ることができます。

おわりに

猫は、基本的には人間の食べるものには、興味を示さないようにしつけを行います。
人間の食べるものは、塩分が多いものや、猫が食べると危険なものがあるからです。
しかし、何かあった時に人間の食べる食材を、猫も食べることができれば安心です。
手作りのご飯は、ドライキャットフードに比べて水分をたっぷり摂ることができ、添加物の心配もありません。
あまり難しく考えずに、少しずつ、たまに与えて人間の食材も食べることができるようにしておくと安心でしょう。

関連記事

トップに戻る