≪厳選≫ねこごはんWEB
メインイメージ

キャットフードを切り替える時の手順について

猫は、キャットフードを新しい種類にいきなり全部変えると、体調を崩すことがあることをご存じですか?
猫のライフステージが変わった時や病気になった時には、キャットフードを切り替える必要があります。
また、高齢になって好みが変わってしまうなど、キャットフードを切り替えることは、猫の一生のうちに何度かあります。
キャットフードの切り替えは、失敗すると猫の身体に負担を与えます。
ここでは、猫の身体に負担をかけないために、正しいキャットフードの切り替え手順や注意点を紹介します。

切り替えの手順

猫は、いきなり食べていたキャットフードが変わると、消化器官に負担がかかり、軟便、下痢、嘔吐になることがあります。
ですので、キャットフードを切り替える時は、少しずつ今まで与えていたキャットフードを、新しいキャットフードに変えていきます。

切り替える場合の手順は、新しいキャットフードの割合を、1日目は10%、2日目は20%、3日目は30%という具合に、10%ずつ増やし10日をめどに切り替えましょう。
最低でも一週間はかけて、もともと下痢をしやすい性質の猫の場合は、2週間くらいかけて切り替えましょう。

もし、途中で嘔吐や下痢になったら、いったん元のキャットフードに戻して様子をみます。
それから再び、今度はもっと少量ずつ増やして様子をみましょう。
それでも嘔吐や下痢をするようなら、そのキャットフードは合いません。
与えるのをやめて、別のキャットフードを探しましょう。
獣医に相談しながら探すとより安心でしょう。

食いつきが悪くなっても様子を見る

新しい味に慎重になるタイプの猫や、好き嫌いの激しいタイプの猫は、キャットフードを変えてすぐは食いつきが悪くなることがあります。
その場合に、すぐに違うキャットフードに変えることはやめましょう。
猫が、「食べなかったら次のキャットフードに変えてもらえる」、と学習して、繰り返すようになる場合があります。
切り替える量を少量に減らし、少しずつ慣らしましょう。

すぐには効果を期待しない

猫の血液や細胞が、完全に入れ替わるためには90日かかると言われています。
ですので、キャットフードを変えても効果が出るのは、早くても1カ月後くらいからです。
効果がすぐに出ないから、とキャットフードをコロコロ変えるのはやめ、3カ月は様子を見ましょう。
ただし、便には効果が1~2日で表れるので、便の様子には気を付けましょう。

おわりに

キャットフードを切り替えるのが大変だったり、下痢や嘔吐しやすい体質の猫は、切り替える必要がない全年齢用キャットフードを与えると負担が減ります。
しかし、病気になって療法食を食べなければならない場合もあります。
キャットフードの切り替えには手順が必要だ、ということを忘れないでおきましょう。

関連記事

トップに戻る