≪厳選≫ねこごはんWEB
メインイメージ

アレルギーになる可能性があるキャットフードの原材料について

猫は、人間と同じように食物アレルギーを起こしますが、キャットフードにはアレルゲン(アレルギーの原因となる物質)になる食物が含まれています。
どの原材料がアレルゲンになるのでしょうか?
ここでは、アレルギーになる可能性があるキャットフードの原材料について紹介します。

食物アレルギーとは?

食物アレルギーとは、体内の免疫機能が食べたものを間違って異物として認識してしまい、アレルギー反応を起こして、色々な症状を引き起こすことです。
猫がアレルギーを起こすと、嘔吐や下痢をしたり、皮膚炎になってひどく痒がったりします。

アレルギーを起こしやすい原材料

穀物

猫は、小麦に含まれるグルテンを消化する酵素を持っていません。
ですので、小麦はアレルゲンになりやすいです。
また、猫は肉食なので腸が人間に比べ短く、小麦以外のとうもろこし、大麦、米、大豆などの穀物も、腸に長く留まるためアレルゲンになりやすいです。

動物性たんぱく質

牛、鶏、豚、魚、卵、乳製品などのたんぱく質は、アレルギーの原因になることが多いです。
ただし、サーモン、ラム、はアレルギーがでにくいと言われています。

人工添加物

着色料、保存料、香料などの人工添加物を長期間摂取した場合、猫はアレルギーを起こすことが あります。
人工添加物は、長く摂取すると内臓の機能が少しずつ弱り、以前は免疫機能が働いていたものに 対しても働かなくなって、アレルギーを起こす場合があります。
人工添加物は、そのものがアレルゲンになるわけではありませんが、アレルギーの引き金になる場合があります。

食物アレルギーが出た場合

猫は肉食なので、たんぱく質を人間の4~5倍必要としています。
ですので、たんぱく質を摂ってアレルギーを起こした場合は、アレルゲンを特定して、アレルギーを起こさないたんぱく質を摂取する必要があります。
動物病院で、アレルゲンを特定する検査を受けて、アレルゲンが特定できればいいですが、特定できなかった場合は、キャットフードのたんぱく質の原材料を色々変えて、アレルギーがでないものを探しましょう。
また、アレルギーは食べたことがないものにはでません。
ですので、キャットフードをアヒル、羊、馬、カンガルー、カモ、ターキーなどの、食べたことがないたんぱく質を使用しているものに替えるのもアレルギー対策として効果的です。

穀物や人工添加物は、もともと猫の身体には必要がないものなので、穀物や人工添加物が入っていないキャットフードに替えましょう。

まとめ

猫が、食物アレルギーを起こすとつらい症状が出るので、早急にアレルギー対策をします。
アレルゲンを突き止めて、アレルゲンの摂取を止めれば症状は改善されます。
穀物や人工添加物は、猫の身体には必要がないので、穀物や人工添加物が入っていないグレインフリーや、無添加のキャットフードを選ぶといいでしょう。

関連記事

トップに戻る