≪厳選≫ねこごはんWEB
メインイメージ

キャットフードを選ぶ時はカロリーにも気を配ろう

猫に一日に与えるキャットフードの量はわかっても、一日に必要なカロリーはわからない、ということはありませんか?
猫が一日に必要なカロリーをきちんと与えないと、肥満になったり栄養不足になったりします。
キャットフードのパッケージには、猫に与えるキャットフードの量の目安は書いてありますが、猫が一日に必要とするカロリーは書いていないものがほとんどです。

一度、自分の猫が一日に必要なカロリーを把握しておきませんか?
ここでは、猫が一日に必要なカロリーの計算方法や、カロリーの調整方法を紹介します。

猫が一日に必要なカロリー

子猫

子猫が一日に必要なカロリーは体重×100~200キロカロリーです。
子猫は成長が早いので、必要なカロリーも月齢に応じて変わります。

〇生後2カ月体重×200キロカロリー
〇3カ月体重×150キロカロリー
〇4か月体重×130キロカロリー
〇5か月体重×110~120キロカロリー
〇6か月体重×100キロカロリー

例えば、100グラム400カロリーのキャットフードを生後2か月の子猫に与える場合、与える量は50グラムです。

成猫

成猫が一日に必要なカロリーは体重×80キロカロリーです。
しかし、運動量や状態に応じて必要なカロリーは変わってくるので、自分の猫の状態に合わせて調整しましょう。

〇運動量が少ない体重×70キロカロリー
〇運動量が多い(活発)体重×85キロカロリー
〇妊娠中体重×100キロカロリー
〇授乳中体重×250キロカロリー

例えば、100グラム390キロカロリーの成猫用キャットフードを体重が3キロの成猫に与える場合、与える量は61グラムです。

計算式
必要カロリー
3kg×80キロカロリー=240キロカロリー

1キロカロリー摂取するために必要なキャットフードのグラム数
100グラム/390 キロカロリー=0.256グラム

0.256グラム× 240キロカロリー=61グラム

高齢猫

高齢猫が必要なカロリーはさらに少なくなり、体重×60キロカロリーです。

例えば、100グラム375キロカロリーの高齢猫用キャットフードを体重3キロの猫に与える場合、与える量は48グラムです。

キャットフードのカロリーの調整方法

自分の猫に適切な量を与えても猫が満足しなかったり、残したりする場合は、カロリーを調整しましょう。
小食でカロリーが足りない猫の場合は、高カロリーのおやつや高栄養食を与えます。
食欲が旺盛で量が足りない猫の場合は、一部をウエットキャットフードに変えて調整します。
ウエットキャットフードは100グラム当たりのカロリーがドライキャットフードよりも低いので、同じカロリーでも猫が食べられる量が増えます。
また、高品質のプレミアムフードは質のいいたんぱく質を多く含んでいるものが多いです。
高品質のたんぱく質は、少量でも満足感が得られるので、キャットフードを高品質のプレミアムフードに変えて様子を見てもいいでしょう。

おわりに

自分の猫が一日に必要なカロリーを把握しておくと、食事の量の調整がより正確にできます。
カロリーを計算したら、必要な量をグラムに換算して、さらに1日の食事回数で割ることも忘れないでくださいね。
そうすれば、食事を与える際の目安になります。
毎回キャットフードを計るのが面倒な場合は一回計って、専用のカップに印をつけておくとよいでしょう。

関連記事

トップに戻る