≪厳選≫ねこごはんWEB
メインイメージ

スープ、シチュータイプのキャットフードについて

キャットフードには、ドライキャットフードとウェットキャットフードの2種類があります。
その内のウェットキャットフードには、レトルトタイプ、パテタイプ、スープ・シチュータイプの3つの種類があります。
ここでは、その中のスープ、シチュータイプのキャットフードについて紹介します。

スープ、シチュータイプの特徴

スープ、シチュータイプとは、素材をスープで煮込んだキャットフードのタイプで、素材の形が残っているタイプ、素材が溶け込んでポタージュ状になったタイプ、スープにとろみがあるタイプやとろみがないタイプなどがあります。

ウェットキャットフードは水分含有量が75%以上あるのが特徴ですが、その中でもスープ、シチュータイプは、80%以上から100%に近いものまであり、キャットフードの中で最も水分含有量が多いです。
スープ、シチュータイプは、レトルトパックが多く、ほとんどが一回で食べきるタイプです。

スープ、シチュータイプのメリット

水分補給に優れている

スープ、シチュータイプは、水分をとても多く含むので、水分を補給したい時に適しています。
また、水分に素材の匂いや味がするので、猫がスープを飲み干しやすいです。

嗜好性が高い

スープ、シチュータイプは、味の種類が多く、具材にこだわっている高級品も多いです。
嗜好性が高いので、猫が、食欲がない時や病気の時に与えると食べやすくなります。
温めるとさらに嗜好性が増すでしょう。

食べさせやすい

とろみがついているタイプは、病気やケガで起き上がって食べることができない猫に、スプーンで 与えることができます。

持ち運びやすい

スープ、シチュータイプは、一食分一パックなので、猫と外出する際の持ち運びや、食後のゴミの処理が楽にできます。

スープ、シチュータイプのデメリット

一般食が多い

スープ、シチュータイプは、一般食が多いので、それだけを与えていると栄養が偏ったり足りなくなったりします。

歯につきやすい

スープ、シチュータイプは、柔らかいので歯につきやすく、歯垢や歯石の原因になります。

むせる場合がある

スープ、シチュータイプは、スープと一緒に具を飲み込んでしまい、むせたり吐いたりする場合があります。

値段が高い

スープ、シチュータイプは、フレークタイプに比べると高価なものが多いです。

保存が利かない

スープ、シチュータイプは、水分を多く含んでいるので、冷蔵庫で一日しか保存できません。
基本的には一回で使い切りましょう。

スープ、シチュータイプの与え方

スープ、シチュータイプは、水分を多く含み嗜好性が高いので、ドライキャットフードにかけて与えるといいでしょう。
また、ドライキャットフードに混ぜ込むと、むせたり吐いたりすることを防げ「ます。
摂取する水分が足りない猫には、スープに水を足して水分量を増やすこともできます。

スープ、シチュータイプは、総合栄養食タイプを与えても、水分が多いので栄養が十分摂れないことが多いです。
ですので、ドライキャットフードにかけて与えるか、おやつやご褒美として与えるといいでしょう。

まとめ

スープ、シチュータイプは、嗜好性が高く、水分をとても多く含んでいるので、猫が水分補給が必要な時や病気で食欲がない時に与えるのに適しています。
ドライキャットフードにかけて与えてもよく食べる場合が多いので、上手に使って水分を補給しましょう。

関連記事

トップに戻る