≪厳選≫ねこごはんWEB
メインイメージ

ヨーロッパ産キャットフードの特徴

キャットフードの原産国を調べると、ヨーロッパ産が多いことに気が付く人も多いでしょう。
また、インターネットの通販やペットショップでは、ヨーロッパのメーカーのキャットフードも多く見られます。
ヨーロッパはペット先進国が多いので、ペットフードに関する意識が高い国が多いです。
ここでは、ヨーロッパ産のキャットフードの特徴を紹介します。

ヨーロッパでは、約100年前に設立されたFEDIAF(欧州ペットフード工業会連合)によって、栄養ガイドライン、添加物リストが策定されています。
また、「ペットフードを含む飼料全般についてEU(ヨーロッパ連合)共通の法規制」があり、使用してはいけない肉の部分の規定や生肉を処理する時の基準まで細かく規定されています。
また、これとは別に国によって法律があります。

主要3カ国の特徴

ドイツ

ドイツは、国民の動物保護の意識が高く、ペットフード製造に使用する生の動物性材料、植物性材料、添加物ほか、全ての材料について「人間の消費に適合するものでなければいけない」という法律があります。

また、ドイツでは、BSE危機(狂牛病危機)の際に、生の動物性材料を危険度別にグループ分けして、管理するためにたくさんの法律が制定されました。
これによると、ドイツでは、ペットフードには危険の低いグループの原料のみ使用が許可されています。

フランス

ドイツと同様に、国民の動物保護が意識が高い国です。
フランスでは、有機農産物、有機加工食品を意味する「ビオフード」に関心が高まっています。
そのため、ペットフードもビオフードで作られたものが人気です。

イギリス

イギリスは、世界で最初に動物虐待防止法である「家畜の虐待と不適当取り扱い防止条例」を制定しました。
動物愛護法の種類が多くペットショップを経営するためにはライセンスが必要です。

一般人のペットに対する関心が高く、ペットフードのグレードが、「プレミアムフード」(品質のよいもの)→「スーパープレミアムフード」(低アレルゲンや小麦を使用しないグルテンフリーのもの)→「ナチュラルフード」(人工保存料を廃止し有害物を取り除いた自然の材料を使うもの)→「グレインフリー」(穀物を使わず猫本来の食事になるべく近い、高たんぱくのもの)へと次々と上がっています。

ヨーロッパの特徴

ヨーロッパでは、キャットフードの主原料は肉が多いです。
また、家族の一員としてのペット、という認識が高く、ペットは法的にも保護されている国が多いです。
そのため、キャットフードも人間が食べることができる食材を使用したヒューマングレードのキャットフードや有機農産物で作られたオーガニックキャットフード、無添加キャットフード、グレインフリーキャットフード、などのプレミアムキャットフードが多いです。

まとめ

ヨーロッパのペットフードは、FEDIAFで基準が制定され、EUで動物の健康と福祉が考慮されたペットフードを含む飼料全般についての共通の法規制が行われているので、とても安全性が高いです。
しかし、ヨーロッパ全ての国の安全性が高いわけではなく、低い国もあります。
ヨーロッパ産のキャットフードを選ぶ時には国名に注意して、安全基準の高いドイツ、フランス、イギリスのものを選ぶといいでしょう。

関連記事

トップに戻る