≪厳選≫ねこごはんWEB
メインイメージ

胃腸の弱い猫に与えるキャットフードについて

猫も人間と同じで、生まれつき身体が強い猫もいれば、病気がちな猫もいます。
生まれて一度も下痢をしたことがない胃腸が丈夫な猫もいれば、原因不明の軟便や下痢が続く猫もいます。
ちょっとしたストレスで便が緩くなる猫もいます。
そんな胃腸の弱い猫に与えるキャットフードは、どんなキャットフードがいいでしょうか? ここでは、胃腸の弱い猫に与えるキャットフードについて紹介します。

胃腸の弱い猫に与えるキャットフードを選ぶ際の注意点

穀物が入っていないものを選ぶ

猫は肉食なので、穀物を必要としません。
そのため、穀物を消化することが苦手です。
穀物を多く摂取すると軟便や下痢になったり、アレルギーを引き起こしたりします。
ですので、胃腸の弱い子には穀物が入っていないキャットフードを選びましょう。

良質な肉や魚を使用し、粗悪な肉を使っていないものを選ぶ

たんぱく質は、良質な肉や魚から摂れるキャットフードを選びましょう。
粗悪な肉が入っている可能性がある「ミール」や「副産物」が入っているものを食べると、軟便や下痢になることがあります。
原材料に「ミール」や「副産物」が入っているキャットフードは避けましょう。

消化吸収によいものが入っているものを選ぶ

たんぱく質の中でもサーモン、ラム、チキン、は消化吸収に優れています。
また、さつまいもも消化吸収に優れています。
原材料にこれらが入っているものを選びましょう。

添加物が入っていないものを選ぶ

保存料や着色料、香料などの人工添加物は、長期間摂取したり、多量に摂取すると、軟便や下痢を起こすことがあります。
人工添加物が入っていないものを選びましょう。

乳酸菌やオリゴ糖が含まれているものを選ぶ

乳酸菌やオリゴ糖は、腸の動きを活発にしたり、消化力を高めるサポートをします。
キャットフードに乳酸菌、オリゴ糖が含まれているものを選ぶといいでしょう。
また、乳酸菌やオリゴ糖はサプリメントで与えてもいいです。
その場合は、獣医師に相談の上で与えましょう。

食物アレルギーを疑ってみる

自分が飼っている猫は生まれつき胃腸が弱い、と思っていたが実は、食物アレルギーを起こしていた、というケースは多いです。
その場合は、アレルゲン(アレルギーの原因)になっている食物を除いてあげれば、下痢は治ります。
まずは、今、与えているキャットフードを調べてみましょう。
一度、動物病院でアレルギーの原因を特定する検査を受けてみてもいいでしょう。

胃腸の弱い猫には、療法食の消化器サポート、消化器症状用のキャットフードを与えるといいでしょう。
もしくは、プレミアムキャットフードで、お腹が弱い猫用と書いてあるもの、グレインフリーのものを選ぶといいでしょう。
安価なキャットフードは、消化吸収によくない穀物や添加物、粗悪な肉が入っていることが多いので避けましょう。

消化吸収のよいキャットフードの見分け方

消化吸収のよいキャットフードを食べると便の量が少なくなります。
猫の便は毎日チェックしましょう。
キャットフードを変えて、便秘をしていないのに便の量が少なくなったら、そのキャットフードは消化吸収がよいと判断できます。

胃腸の弱い猫へのキャットフードの与え方

胃腸が弱い猫にキャットフードを与える場合は、胃腸に負担がかかりにくいように、一日に必要な量を回数を増やして与えましょう。
キャットフードをお湯でふやかしたり、温めて与えると胃腸の負担が減ります。
新鮮な水も一緒にたっぷり与えましょう。

キャットフードの種類を頻繁に変えると、胃腸の負担が増えます。
お腹の調子が改善されないから、といって頻繁にキャットフードを変えるのは止めましょう。
その場合は医師に相談してください。

おわりに

生まれつき胃腸の弱い猫は、ちょっとしたストレスでも軟便になったり下痢をしたりします。
いつも便がゆるいと、肛門が赤くなったり腫れたりしてさらに排便がつらくなります。
そうした悪循環にならないためにも、生まれつき胃腸の弱い猫には、消化吸収がよく、胃腸に負担をかけないキャットフードを与えましょう。

関連記事

トップに戻る