≪厳選≫ねこごはんWEB
メインイメージ

高級キャットフードを食べてくれないときは

猫に与えるキャットフードのことを調べると、添加物が入ったキャットフードや安価なキャットフードよりは、高価でも猫の身体によいキャットフードを与えたい、と思う飼い主さんは多いのではないでしょうか? しかし、せっかく高級なキャットフードを与えても、肝心の猫が食べてくれない場合があります。
なぜ、猫は高級キャットフードを食べてくれないのでしょうか?
ここでは、猫が高級キャットフードを食べてくれない場合の原因と対処法について紹介します。

猫が高級キャットフードを食べない原因

人工添加物の匂いに慣れてしまっている

安価なキャットフードには、大量の人工添加物が入っている場合があります。
その中には、粗悪な原材料の臭いをカバーしたり、猫の食いつきをよくするために、強い香料が入っていることがあります。
猫は、人間より優れた臭覚を持っているので、香料に慣れてしまっていると、自然の素材の匂いを薄い匂いだと感じてしまい、食べなくなる場合があります。

知らない匂いを警戒した

猫は、知らない匂いや味を警戒する習性があります。
安価なキャットフードと高級キャットフードでは、味、匂い、食感が全く違うので、猫が警戒して食べない場合があります。

食べにくかった

猫は、キャットフードの粒が大きすぎたり小さすぎたりして食べにくいと、食べない場合があります。

高級キャットフードを食べない場合の対処法

ゆっくり切り替えて匂いや味に慣らす

猫が高級キャットフードを食べない時は、キャットフードの切り替えを慎重に行い、高級キャットフードの匂いや食感に慣れさせると、食べるようになります。

キャットフードを高級キャットフードに切り替える時は、はじめは10%以下の量をそれまでのキャットフードに混ぜます。
猫の様子を見て、食いつきが悪いようだったら量をさらに減らすか、高級キャットフードを砕いて混ぜてみましょう。
それから徐々に高級キャットフードの量を増やし、10日以上かけて切り替えます。

トッピングする

高級キャットフードに、ゆでたささ身を細く裂いたものや、猫用のかつおぶし、ふりかけをトッピングしてみましょう。
これらの匂いにつられて、食べる場合があります。

温める

キャットフードは、温めると匂いが強くなるので、人肌に温めて与えてみましょう。
猫が、キャットフードが温かいのを嫌うようでしたら、お皿を温めても匂いは強くなります。

好きな味を探す

高級キャットフードでも、猫が好きな味ではなかった場合があります。
高級キャットフードも、メーカーによって様々な味があるので、自分の猫の好みの味を探してみましょう。

まとめ

高級キャットフードは、品質がいいので素材の味を生かしたものが多いです。
そのため、添加物でにおいを強くしているキャットフードに慣れていると、味が薄いように感じて食べない猫がいます。
その場合、キャットフードの切り替え時間をゆっくり取って、高級キャットフードの匂いや味に慣らしましょう。
高級キャットフードは高価なので、試供品やお試しサイズがあるメーカーで試してから購入するのもいいでしょう。

関連記事

トップに戻る