≪厳選≫ねこごはんWEB
メインイメージ

酸化したキャットフードを与えた時に出る影響

皆さんは、キャットフードは、開封すると酸化が始まることをご存じでしょうか?
酸化とは、空気中の酸素が食品に触れて化学反応を起こすことです。
では、酸化するとキャットフードはどうなるのでしょうか?
また、酸化したキャットフードを食べた場合は、どういう影響が出るのでしょうか?
ここでは、「酸化したキャットフードを与えた場合に出る影響」について紹介します。

酸化とは?

酸化とは、空気中の酸素が食品に触れて化学反応を起こすことです。
キャットフードの場合は、キャットフードに含まれている脂質が酸化して過酸化脂質になります。

酸化したキャットフードの特徴

酸化したキャットフードは、匂いが薄くなり、苦味や酸味が強くなります。
ドライキャットフードは、表面がベタベタして、指で触ると柔らかくなっています。
ウェットキャットフードは、パサパサして、赤味が減ったくすんだ色になります。

酸化したキャットフードを食べた時の影響

猫は、肉食なので十分な量のたんぱく質や脂質を摂る必要があります。
そのため、キャットフードは脂肪分を多く含んでいます。
脂肪分が空気に触れて酸化すると、過酸化脂質になり、悪玉コレステロールになって血管にこびりつき、動脈硬化やがんの原因になります。

猫が、酸化したキャットフードを食べると、新陳代謝が低下して、栄養が行き渡りにくくなったり、老化が早くなったりします。
また、嘔吐や下痢をしたり、発疹やアレルギーの原因になることがあります。

キャットフードを酸化から守る保存法

キャットフードは、空気に触れると酸化がはじまるので、なるべく空気に触れないように保存すると酸化する速度を落とすことができます。
そのためキャットフードは、開封後はジップロックや真空パック、密閉容器や真空ストッカーなどの密閉、もしくは真空にできる容器に入れて保存しましょう。
これらは、冷凍すればさらに酸化を防ぐことができます。

おわりに

酸化したキャットフードは、食べると猫の健康を害する可能性が高くなります。
ですので、キャットフードが酸化しないように、密閉や真空にできる容器で保存しましょう。
また、キャットフードの匂いや色をよくチェックして、酸化したキャットフードを猫に与えないように注意しましょう。
開封しなくても、保存状態が悪いとキャットフードは酸化することがあります。
高温多湿を避け、風通しのよい場所で保存し、なるべく早く食べ切りましょう。

関連記事

トップに戻る