≪厳選≫ねこごはんWEB
メインイメージ

子猫用キャットフードについて

家に子猫を迎えた時に、気を付けなければならないことのひとつが、キャットフード選びです。
子猫は1年で成猫になるため、その1年間の成長スピードには目を見張ります。
それだけに、食べるものは成猫と同じでは栄養が足りず、丈夫に育たない場合もあります。
ここでは、子猫に与えるキャットフードの選び方や与え方を紹介します。

子猫用(キトン用)キャットフードの選び方

高たんぱく高カロリーなものを選ぶ

子猫は一年で成猫まで成長するために、多くの栄養を必要とします。
そのうえ成猫と比べると、運動量も比べものにならないほど多いです。
身体がどんどん大きくなっていくため、高たんぱくで高カロリーな食事が必要です。
そのため、子猫用と表示されているキャットフードは、高たんぱく高カロリーにつくられています。
成猫用キャットフードは、子猫に与えると栄養が不足してしまうので避けましょう。

無添加なものを選ぶ

添加物は、成猫でも出来れば避けたいものですが、子猫は栄養を吸収することが活発なので、添加物も、より吸収してしまいます。
子猫の時に、添加物をたくさん吸収すると、年を取ってから病気になりやすくなります。
子猫に与えるキャットフードは無添加のものを選びましょう。

肉、魚がメインなものを選び、穀物は避ける

猫は元々肉食なので、穀物を消化しにくい体質です。
しかしキャットフードによっては、穀物を多く含んでいるものもあります。
なぜなら、穀物のほうが肉や魚より安価だからです。
子猫は消化器官が未発達なので、成猫よりも穀物を消化しにくく、穀物を摂ると下痢をしたり、アレルギーをおこしたりすることもあります。
子猫に与えるキャットフードに、穀物が入っているものは避けましょう。

総合栄養食を与える

子猫用のキャットフードのほとんどが総合栄養食ですが、中には、子猫用のおやつ用キャッフードもあります。
子猫に限りませんが、おやつを主食として与えてしまうと、栄養が偏ります。
特に子猫は一年で成猫になりますので成長の妨げにもなります。
おやつを主食として与えないよう注意しましょう。

子猫用キャットフードの与え方

子猫は一回に食べることが出来る量が少ないので、回数を多く与えましょう。
子猫は生後2か月くらいから、ミルクを減らしキャットフードを食べることが出来るようになります。
与え方は、ふやかしたドライキャットフードを、一日に4~5回に分けて与えます。
ふやかし方は、はじめは柔らかく、徐々に固くしていって、生後3か月で普通の固いキャットフードへ移行します。
はじめから固いキャットフードを与えると、歯が丈夫でないうえに、消化出来ずにお腹を壊すこともあるので避けましょう。

子猫は生後4か月をすぎると、成長速度がそれまでよりは遅くなるので、カロリー調整が必要です。
与える回数を、一日4~5回から徐々に様子を見ながら3回くらいまでに減らします。

子猫に必要な量はどれくらいか?

子猫が一日に必要とするカロリーは、体重×100~200カロリーです。
子猫が必要なカロリーの目安は、2か月200キロカロリー、3か月150キロカロリー、4か月130キロカロリー、5か月110~120キロカロリー、6か月100キロカロリーです。
例えば、100グラム400キロカロリーの子猫用キャットフードの場合、生後2か月で体重が1キロの子猫では、一日に必要な量は50グラムです。
子猫は運動も活発な上に、成長も著しいので、あまり肥満になることはありません。
個体差もありますが、体重の増え方をチェックしておけば、それほど与える量に神経質になる必要はありません。
しかし、避妊手術を受けた猫は、ホルモンバランスの乱れから太りやすくなるといわれていますので、注意してください。
また、子猫が普段、どれくらいの量を摂取しているかは把握しておきましょう。
体調を崩しているかどうかの判断の助けになります。

まとめ

子猫は一年で成猫になるため、キャットフードの与え方や量も月齢によって変わっていく、と考えておくとよいでしょう。
猫の寿命は子猫の時に何を食べたかによって大きく変わることもあります。
子猫に与えるキャットフードは、子猫用を選び、量や回数を細かく調整していきましょう。

関連記事

トップに戻る