≪厳選≫ねこごはんWEB
メインイメージ

キャットフードが酸化しているかどうかの見分け方

酸化したキャットフードは猫の身体によくない、と知ってはいても、酸化したキャットフードを見分けられない、と悩んでいる飼い主さんは多いのではないでしょうか?
キャットフードが酸化しているかどうかは、見ただけでわかるのでしょうか?
ここでは、キャットフードが酸化しているかどうかの見分け方について紹介します。

酸化とは?

酸化とは、空気中の酸素が食品に触れて化学反応を起こすことで、キャットフードの場合は、キャットフードに含まれている脂質が酸化して過酸化脂質に変化します。
過酸化脂質は悪玉コレステロールになって、蓄積されると皮膚や内臓に負担をかけ、将来、がんや動脈硬化になる可能性が高くなります。

酸化したキャットフードを食べるとどうなるの?

酸化したキャットフードを食べると、嘔吐や下痢、体調不良を起こす場合があります。
また、がんや動脈硬化を引き起こす可能性もあります。

酸化したキャットフードの見分け方

ドライキャットフードの場合

触って見分ける

ドライキャットフードは、酸化しても見た目はあまり変わりませんが、触ると感触が変わっています。
酸化したドライキャットフードは、触るとベタベタします。
また、指でつまんでつぶしてみて、少しでも表面が柔らかくなっていたら、そのキャットフードは酸化しています。

匂いを嗅いでみる

キャットフードの匂いを嗅いでみます。
酸化したキャットフードは匂いが薄くなっています。

色で見分ける

酸化したキャットフードは、色が薄くなっています。
新鮮なキャットフードと比べてみると、わかりやすいでしょう。

ウェットキャットフードの場合

酸化したウェットキャットフードは、色が薄くなります。
特に赤味が減っていますが、見た目では判断がしにくいです。
ウェットキャットフードの場合は、缶を開けた時間で判断するといいでしょう。
缶を開けた時間から24時間たったら、酸化が進んだとして廃棄しましょう。

酸化を予防しよう

キャットフードは、開封した瞬間から酸化がはじまっています。
酸化を防ぐためには、キャットフードをできるだけ空気に触れないように、ジップロップ、真空パック、密閉容器、密閉真空容器などに保存するといいでしょう。
できれば冷凍保存するとより酸化を遅らせることができます。

おわりに

キャットフードは、酸化してもあまり見た目が変わらないので、酸化していることに気づきにくいです。
臭いに敏感な猫は、臭いを嗅いだだけで食べないこともありますが、食欲が旺盛な猫は、多少酸化していても食べてしまうことがあります。
猫が食べているから大丈夫だ、と判断するのは避け、酸化したキャットフードは与えないようにしましょう。

関連記事

トップに戻る