≪厳選≫ねこごはんWEB
メインイメージ

市販のキャットフードに一工夫して食べやすくしよう

猫は、警戒心が強く、基本的にはひとつの味をずっと食べることが多いです。
しかし、たまには食いつきの悪い日もありますし、もともと飽きやすいタイプの猫もいます。
また、年を取って歯や顎が弱り、思うように食べることができなくなる場合もあります。
そういう時に、キャットフードに一工夫すると、猫の食いつきが良くなる場合があります。
ここでは、市販のキャットフードに一工夫する方法について紹介します。

成猫の場合

健康な成猫が食いつきが悪い場合は、キャットフードにトッピングをしましょう

ウェットキャットフードをトッピングする

一番手軽で、かつ猫も喜ぶ方法は、ドライキャットフードにウェットキャットフードをトッピングすることです。
猫に与える日頃の食事は、栄養面、経済面、取り扱いの手軽さなどの点から「総合栄養食のドライキャットフードと水」がお勧めですが、ドライキャットフードは水分含有量が少ないので、必要な量の水分を摂取することが難しい、という欠点があります。
また、ドライキャットフードは、ウェットキャットフードに比べると嗜好性が劣ります。

その点、ドライキャットフードにウェットキャットフードをトッピングすると、水分を補うことができる上に、嗜好性が高くなります。
ウェットキャットフードは、フレーク、パテ、スープ、シチュータイプと色々なタイプがあるので、猫が飽きにくいというメリットもあります。

猫用ふりかけやかつおぶしをトッピングする

ウェットキャットフードが苦手な猫の場合は、猫用のふりかけやかつおぶしをトッピングするといいでしょう。
ただし、人間用のかつおぶしは、塩分やマグネシウムが多く入っていて、腎臓病や結石の原因になるので絶対に与えないでください。
猫にかつおぶしを与える時は、猫用のかつおぶしを与えてください。

手作りトッピングを与える

さらに一手間かける余裕がある場合は、トッピングを手作りするといいでしょう。
しっかり火を通した肉や魚、ゆでた卵などを少量、細かく刻んでドライキャットフードにトッピングします。
ただし、新鮮な刺身は生で与えても大丈夫です。
さらに、肉や魚のゆで汁をかけると水分の補給にもなります。

手作りトッピングを作る場合は、食材に猫が絶対食べてはいけないものを使わないようにします。
絶対に食べてはいけない材料は、ネギ類、アボカド、チョコレート、ぶどう、レーズンなどがあります。

最終手段はまたたびをトッピング

どうしても猫にご飯を食べて欲しい場合には、最終手段として、またたびを少量トッピングしてみましょう。
ただし、またたびは嗜好性が高すぎるので、与えすぎるとまたたび入りしか食べなくなる場合があります。
ですので、いよいよの時に少量だけ使うようにしましょう。

子猫や高齢猫の場合

子猫や、年を取って歯や顎が弱っている猫の場合、上記のトッピングにさらに一手間かけましょう。

ドライキャットフードを砕いて与える

ドライキャットフードの粒が大きすぎて、食べるのが大変な可能性がある場合は、ドライキャットフードを小さく砕いて与えましょう。

お湯でふやかして与える

ドライキャットフードが固すぎて、食べるのが困難になっている場合は、ドライキャットフードをお湯でふやかします。
熱湯でふやかすとビタミンが破壊されるので、40度前後のぬるま湯でふやかしましょう。

温めて与える

キャットフードを温めると、匂いがたち、食いつきがよくなることがあります。
また、冬は温かいキャットフードを好む猫もいます。
キャットフードを電子レンジで数秒、温めて与えましょう。
皿を温めるだけでも匂いは立ちます。
キャットフードも皿も温めると、冬の間はキャットフードが冷めにくくなります。

それでも食いつきが悪い場合

いろいろな工夫をしてもキャットフードを食べない時は、キャットフード以外に原因がある場合があります。
食器を清潔に保つ、食べやすい形の容器を選ぶ、リラックスして食べることができる環境にする、などキャットフードだけではなく容器や環境にも気を配りましょう。

猫は、むら食いをするので、あまり食べない日があったりしますが、どんなに工夫しても食べなかったり、一日以上食べない日が続く時は、病気の可能性があります。
その場合は、急いで病院へ連れて行きましょう。

おわりに

ウェットキャットフードは、嗜好性が高いので、量を増やしすぎたりいつも与えていたりすると、ウェットキャットフードしか食べなくなる場合があります。
そうならないように、ウェットキャットフードは、少量与え、たまには与えない日を作りましょう。
ドライキャットフードにウェットキャットフードをトッピングすると、ドライキャットフードもウェットキャットフードも食べることができるようになります。
同じものしか食べることができないと、病気になってキャットフードを替る必要があったり、キャットフードが製造停止になったりした時に苦労しますので、その点でもドライキャットフードにウェットキャットフードのトッピングをすることをお勧めします。

関連記事

トップに戻る