≪厳選≫ねこごはんWEB
メインイメージ

歯垢・歯石がつきにくくなるキャットフードについて

猫は虫歯になりにくい、と言われています。
猫の歯は、小さい三角形をしていて尖っている歯が多く、人間の歯のようなくぼみが少ないので、食べカスがつきにくいからです。
また、キャットフードしか与えてない場合、キャットフードには糖質はそれほど多くは含まれていないので、虫歯になりにくいと言われています。
しかし、猫は自分では歯磨きができないので、歯垢や歯石がつき、加齢と共に歯周病になる可能性がとても高くなります。
歯周病を予防するためには、どんなキャットフードを与えたらいいのでしょうか?
ここでは、歯垢や歯石がつきにくくなるキャットフードを紹介します。

歯垢と歯石の違い

歯垢とは、食べカスに細菌がついて繁殖したもので、歯石とは、歯垢が唾液中のカルシウムと結合し、石灰化したものを言います。

歯周病とは?

歯垢や歯石が溜まると、歯茎に炎症が起き、赤く腫れる歯肉炎になり、さらに歯を支える歯根膜・歯槽骨に炎症がおよび破壊される歯周炎になります。
歯肉炎や歯周炎の総称を歯周病といい、 歯周病が悪化すると、最悪の場合、歯が抜け落ちてしまいます。

歯周病になると歯茎からの出血や腫れ、痛みといった症状が出て、食事を嫌がったり、食事が摂れない場合も出てきます。
口臭がしたり、歯の根元が茶色や黄色になっていたら注意が必要です。

歯にいったんついた歯垢や歯石はなかなか取れません。
最悪の場合は、病院で全身麻酔をかけて取る以外に方法はありません。
加齢と共に歯周病になる可能性が高くなりますが、年を取ってからの全身麻酔は、心臓に負担がかかるので、余程のことがない限り避けたいです。
そのためには、歯周病の予防を心がけましょう。

歯垢・歯石がつきにくくなるキャットフードとは?

歯垢・歯石用の療法食のキャットフード

歯垢・歯石用の療法食のキャットフードは、粒が大きく、固いのが特徴で、小指の先ほどの大きさがあります。
粒が大きい上に固いので、キャットフードを丸飲みしやすい猫でも、しっかり噛んで砕かないと飲み込むことができません。
キャットフードをしっかり噛むことで、歯の表面をこすって歯垢や歯石がつくのを防ぎます。
歯垢・歯石用キャットフードは、与えてもすぐには効果は出ないので、長期間与え続ける必要があります。
主食として与えるといいですが値段が高めなので、おやつとして与えるか、普段与えているフードに混ぜて毎日与えるといいでしょう。

ドライキャットフード

ウエットキャットフードや半生タイプのキャットフードは、歯につきやすいので、歯周病になる可能性がドライキャットフードより高いです。
ドライキャットフードは、含有水分量が10%以下なので、歯にカスがつきにくいです。
ですので、ドライキャットフードは歯垢・歯石の予防効果があります。
ウェットキャットフードや半生タイプのキャットフードを与えている場合は、ドライキャットフードに替えるだけも効果は高いです。

他の病気用の療法食を食べていたり、好みに合わなかったりして、歯垢・歯石用のキャットフードを食べることができない場合は、与えているキャットフードをドライタイプのキャットフードにしましょう。

歯の健康維持に効果のある成分とは?

ポリリン酸ナトリウムは、歯周病菌、虫歯菌に抗菌作用があります。
人間の歯石を防ぐ薬用歯磨き粉の原料にも使われていて、安全性の高い添加物です。

キャットフード以外で歯垢・歯石予防に効果があるもの

またたび

棒状のまたたびは、齧る(かじる)ことで歯垢を落とすので、歯垢や歯石の予防に効果的です。
またたびは、猫のストレスにならずに歯垢や歯石を予防します。
歯磨き効果のあるおもちゃも同様の効果があります。

オーラルケア用スプレー・ジェル

オーラルケア用のスプレーは、猫の口の中に吹きかけた後、濡らしたガーゼなどで軽くなぞるだけで歯垢を取ることができます。
オーラルケア用のジェルは、歯に塗るだけで歯のエナメル質をなめらかにして、すでについている歯垢や歯石を剥がし落とします。
歯磨きは苦手な猫でも、これならできる猫も多いので一度試してみるといいでしょう。

おわりに

年を取れば取るほど、歯周病のリスクは高くなります。
歯垢・歯石用のキャットフードは粒が大きくて固いので、年を取ってから与えると顎の力が弱った猫の負担になることがあります。
猫が若いうちに使用して歯垢や歯石を予防しましょう。
口の中を触ることを嫌がる猫は多いので、子猫のうちに歯磨きなどのオーラルケアに慣れさせるといいでしょう。

関連記事

トップに戻る